トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGA治療での頭皮への注射をする薄毛治療ってどういう治療?

AGA治療での頭皮への注射をする薄毛治療ってどういう治療?


AGA治療の中で頭皮へ注射をするメソセラピーという治療方法をご存知ですか?

AGAやその他の脱毛症による薄毛治療に使用されています。

頭皮に注射ときくと「痛いんじゃないか」など不安を感じると思います。メソセラピーはどのような治療方法で、どのような効果があるのかをみていきましょう。

AGA治療で頭皮に注射!薄毛治療に有効なメソセラピーとは


メソセラピーとは、注射器を使って直接頭皮に発毛カクテルを注入するAGA治療、薄毛治療に有効的な治療方法です。

有効成分を浸透させて薄毛の改善を図ります。AGAやその他の脱毛症の原因は様々ですが、発毛に関わる成長因子が不足しているという点は共通しています。

毛髪の成長の信号が止まることでヘアサイクルが乱れてしまっています。

発毛カクテルに使用される成分は、ミノキシジルやPRP毛髪治療(自己多血小板毛髪再生医療)、ヒト由来幹細胞のサイトカイン、成長因子カクテルなどクリニックによっても様々な成分を使用されています。

どのクリニックでも使用されているのは、ミノキシジルです。

ミノキシジルは、元々は高血圧治療に使用されていた薬剤ですが、血管拡張作用があり発毛に重要な毛乳頭細胞にしっかりと栄養を届けることができます。

PRPは再生医療でも使用されていますが、多くの成長因子が含まれており、これらの成長因子が発毛を促します。自分の血液から採取するため副作用が起こりづらいのが特徴です。

発毛や育毛効果をいち早く実感したい方やミノキシジルやフィナステリドなどの内服で効果を実感できなかった人などにおすすめの治療方法です。

内服薬であれば内臓で代謝された後に全身に運ばれますが、メソセラピーは直接頭皮へ作用させるため効果が出やすいといえます。

治療の流れは?

頭皮に注射をすると聞くと痛みが怖いですよね。クリニックによってやり方は異なりますが、事前に局所麻酔をしてくれるクリニックや冷却器で瞬時に痛みを緩和するシステムをとっているクリニックもあります。

その後育毛剤を注入します。おおよそ治療時間としては30分程度のところが多いようです。

一時的に注入部位に赤みや腫れが見られることがありますが、一時的な症状ですので特に気にする必要はありません。

出血(針を刺すので当たり前ではありますが)、頭痛、血圧低下などの症状が見られることがあるので、施術当日は運動やアルコール摂取(血管が拡張しより血圧が下がりやすくなってしまう)、入浴、サウナは控えましょう。

まとめ

薄毛治療・AGA治療に使用されるメソセラピーは注射治療です。薬物治療のみの場合より、併用することでさらに効果を実感できます。

おおよそ6ヶ月程度には薄毛がわからないくらい発毛してきます。PRP毛髪再生医療は再生医療分野で治療できるAGA治療です。

メソセラピーの中では副作用の出現が少ないカクテルですので、副作用が気になる方は再生医療のクリニックも受診してはどうでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ