トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛やAGA治療のレーザー治療とは?どんな効果がある?

薄毛やAGA治療のレーザー治療とは?どんな効果がある?


AGA治療やその他の脱毛症による薄毛の治療にも使用されるレーザー治療はご存知でしょうか。

AGA治療の主軸は内服治療と外用薬治療ですが、近年レーザー治療も導入されつつあります。

今回はこのレーザー治療がどのような治療なのか、どういった効果が得られるのかを見ていきましょう。

薄毛にも効果あり?AGA治療でのレーザー治療とは


レーザーという言葉を聞いて思い浮かぶ言葉はレーザー脱毛などではないでしょうか。

「脱毛に使用されているのに薄毛治療に使っても良いの?」と感じてしまう人もいるでしょう。

レーザーは波長の長さにより効果が変わってきます。レーザー脱毛では低出力で長期間当て続けてしまい、逆に「毛が濃くなってしまった。」という経験をされる方もいます。

これを応用し薄毛治療に使用されています。

薄毛治療では「低出力レーザー(LLLT)」と呼ばれるものを使います。

レーザー治療は1日15〜20分間、レーザーを照射しているだけです。痛みも副作用もないのが特徴の治療方法です。

内服薬や外用薬で治療をしてきたがあまり効果を実感できない人は、導入を検討して良いおすすめの治療方法でもあります。

レーザー治療は性別や年齢関係なく施術してもらうことが可能です。自分で育毛機を購入し自宅で使用することもできます。

レーザー治療で得られる効果

レーザー治療は1日15〜20分を4ヶ月ほど継続して、初めて効果を実感できると言われています。

レーザーが毛乳頭細胞を刺激することで細胞増殖因子などが活発に分泌され始め、髪の毛が十分に成長していきます。

自由診療であるためクリニックによって料金は異なりますが、1回数千円で受けることができます。

しかし、4ヶ月も通うとなると治療費も重なってきます。クリニックで施術してもらうとなっても週数回は通院する必要があります。

普通に仕事をしている年代であれば通院でのレーザー治療は難しいでしょう。すぐに効果は出ないので、即効性を求めたい人は別の治療方法を探してみましょう。

頭皮に発毛カクテルを注入するメソセラピーというものもあります。再生医療分野でもAGA治療は可能ですので、調べてみてはどうでしょうか。

まとめ

AGA治療法の中でも、薄毛はレーザー治療により改善することはできますが、継続が必要となる治療方法です。

クリニックでの通院であれば、ある程度の回数を通うことのできるライフスタイルでないと難しいですし、自宅で行うとなると高価な育毛機を購入することとなります。

しかし、積極的治療を望んでいない高齢者の方などには副作用も痛みもなく治療できる方法ですのでおすすめです。

自分に合った治療を選択し、発毛を促していきましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ