トピックスtopics

AGA治療の薄毛治療はLEDで可能?


LEDという言葉を聞いたことのある方がほとんどだと思いますが、薄毛治療をLEDで可能なことはご存知ですか?

LEDは発光ダイオードとも言われ、美容皮膚科やAGAクリニックなどでも使用されている効果的な治療の1つです。

今回はLEDでの薄毛治療、AGA治療についてみていきましょう!

薄毛治療にも!LEDでのAGA治療とは?


薄毛治療に欠かせない育毛には、毛母細胞が重要となってきます。毛母細胞の先端にある毛乳頭細胞は様々な細胞増殖因子を作り出すため、毛乳頭細胞を活性化させることで発毛に効果を示します。

青色や緑色のLEDでは毛乳頭細胞までは届かないため、赤色LEDがAGA治療では使用されています。

LED治療は、ダウンタイムもなく安全性の高い治療法で、外用薬や内服薬との併用も可能な治療です。クリニックでの治療であれば約20分程度の照射で治療終了です。

LEDを当てるだけで効果が出るはずがないと思ってしまう人がほとんどだと思いますが、実際にラットを使用した実験などでもその効果が実証されています。

細胞を活性化させる効果があるのでコラーゲン生成促進などの効果も見られ、美容分野でも使用されていることもあります。

治療はどのような流れで行う?自宅では可能?

治療はとてもシンプルで、頭皮にLEDを照射するだけです。クリニックで治療を受けることも可能ですが、自宅での治療も可能です。

某クリニックでは診察の上、自宅でLED治療ができるヘルメットの様なものもあります。
自宅での治療を行う場合、1日18分ヘルメットを被り(内側から赤色LEDが照射されています)、最低4ヶ月継続します。

最大で24分の照射が可能ですが、一度に長時間よりも長期間使用し続ける方が効果的です。

髪の毛が濡れた状態ではLEDが効果的に頭皮に届かないので、髪の毛と頭皮が乾いた状態で使用することが大切です。自宅で治療できるため通院の必要は少なくなりますが、その分購入費用は高くなっています。治療費用のご参考までに、そのクリニックでは税抜きで25万円でした。

わざわざ自宅で行わなくても、クリニックでの治療であれば数千円で可能です。

まとめ

AGA治療、薄毛治療はLEDでも可能です。家電量販店などで販売されている普通のLEDでは、期待できる効果に個人差があり、効果が出ない人もいます。

しかし、クリニックでのLED治療は内服薬治療や外用薬治療との併用が可能であり、併用することでさらに効果を実感できます。

医師の診察は必要ですが、負担なくプラスアルファの治療ができるのは魅力的な治療法といえます。ダウンタイムがない点でも、すぐに入浴などをしてもいいので生活に支障が出ることもありません。

近年はLED治療のように内服薬や外用薬以外の治療も増えてきています。再生医療分野も発達してきており、AGA治療が可能ですので選択肢の1つにしてみてはどうでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ