トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • フィナステリドは女性禁忌?使用することでの悪影響とは

フィナステリドは女性禁忌?使用することでの悪影響とは

AGA治療薬のフィナステリドは、女性は使用禁忌とされています。

女性が使用することでの悪影響を紹介します。どのようなリスクがあるのかみていきましょう。

フィナステリドを女性が使用する危険性とは


フィナステリドとはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑えて、ヘアサイクルを整える薬剤です。

AGA治療のメジャーな薬剤として世界中で使用されています。

有名な治療薬としては、アメリカのメルク社が開発したプロペシアです。現在はジェネリック医薬品として多数の薬剤が販売されています。

フィナステリドは、使用は男性限定とされています。

女性が使用してはいけない理由は、催奇形性があるためです。催奇形性とは、生まれる子どもの身体に奇形をもたらしてしまうということです。

フィナステリドは、女性が内服さえしなければ良いというわけではありません。

皮膚からも吸収してしまうため薬剤に触れること自体NGです。夫や父親などがフィナステリドを使用している場合は要注意です。触らないようにしましょう。

プロペシアであれば錠剤がコーティングされているため、薬剤にもし触れてしまったとしても有効成分を直接触ったことにはなりません。

しかし、割れたりしたものを触ると経皮吸収してしまいます。

これらのリスクを考えると錠剤を触れないようにするのが安全です。

妊娠中か妊娠の可能性がある女性が、男児を妊娠している場合に、体内にフィナステリドの有効成分が入ってしまうと(内服でも皮膚からの吸収でも)、男の子の生殖器に異常を起こす可能性があります。

そのため、フィナステリドは絶対に女性が使用してはいけません。

フィナステリドとは

AGAの発症は男性ホルモンである「テストステロン」と頭皮に存在する「Ⅱ型5αリダクターゼ」という酵素が原因とされています。

この酵素によりテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変換されることで、通常のヘアサイクルより成長期を短縮してしまい、短く細い髪の毛のまま抜け落ちてしまいます。

そのため、薄毛となってしまうのです。

この酵素を阻害する働きがフィナステリドにはあり、ヘアサイクルを正常に戻すことで髪の毛が太く長く成長できるようにし、薄毛を改善していきます。

まとめ

AGA治療薬として使用されているフィナステリドですが、妊娠している女性が服用すると男児の生殖器に異常をきたしてしまいます。

女性が有効成分に触れることもNGですので、使用している男性に妻がいるようであれば、触れないように注意をするなどお互いの体を守るためにも気をつけましょう。

女性で脱毛に悩んでいる方は、女性が使用しても良いものを使用しましょう。

AGAの治療は薬剤だけでなく、近年再生医療での治療も可能となっています。

薬の副作用が気になる方は、再生医療も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ