トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGA治療に使われるアロビックスはどんな薬?副作用はある?

AGA治療に使われるアロビックスはどんな薬?副作用はある?


アロビックス外用液は、カルプロニウム塩化物を主成分とする外用薬です。男性型脱毛症(AGA)に対してどのように効果を発揮するのか、副作用はないのかなどを紹介します。

AGA治療薬のアロビックスとは?

AGAの治療に使用されるアロビックスですが、男性型・女性型脱毛症、円形脱毛症に効果が期待できると言われています。

カルプロニウム塩化物の濃度は1%、2%、5%があり、市販の育毛剤には2%まで含まれていて、医療機関では最大5%まで処方してもらえます。

AGAを治療するのであれば自分で育毛剤を使用するより、クリニックを受診し、医師に処方してもらったほうが効果的かもしれません。

アロビックスは、血管拡張作用があります。血管が拡張されると血流が良くなるため、毛乳頭細胞に栄養をしっかりと届けることができ、育毛を促すことができるのです。

AGAへの作用機序はミノキシジルと似ていますが、ミノキシジルは血管拡張作用に加え、細胞増殖因子の生成を促進します。そして、新たな血管を増やして頭皮の血流を良くすることで、発毛を促します。

その点アロビックスには、血管増殖作用はないため、ミノキシジルには劣ります。

また、男性型脱毛症の場合では、脱毛の原因である男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制することが重要ですが、アロビックス外用液にはその作用がありません。

単剤での使用ではなくジヒドロテストステロンも阻害してくれる薬剤との併用で、より効果を発揮できます。

AGA治療薬のアロビックスの副作用は?


アロビックスはアセチルコリンという神経伝達物質様の作用を示すことで、血管を拡張します。

このアセチルコリンは副交感神経の末端から分泌される物質であるため、副交感神経が興奮したときのような症状が副作用として出現する可能性があります。

アセチルコリンの副作用としては、刺激痛、局所発汗、顔面紅潮、発熱、悪寒、吐き気、心悸亢進などです。

お風呂上がりなど血流が良くなっているときに使用すると、副作用が強く現れてしまう可能性があるので、お風呂上がりすぐの使用は避けましょう。

まとめ

AGAの治療で用いられるアロビックスは、ミノキシジルほどの強力な効果はないものの、血管を拡張させる効果が期待でき、発毛を促してくれます。

血流不良による脱毛、ストレスによる脱毛などホルモンが関与していない脱毛に有効的です。

特に、女性や心臓疾患を患っている人は、作用が強い薬剤は使用できないことが多いです。

しかし、アロビックスは効果が穏やかであることからこれらの人でも使用することができます。

また、近年、再生医療でもAGA治療が可能となっています。自分に合ったAGA治療薬を見つけましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ