トピックスtopics

前髪が薄毛の女性必見!原因は何?

最近、シースルーバングという量を少なくして薄めの前髪にするのが流行していますが、シースルーとオーダーしていないにもかかわらず「なんか前髪の薄毛が気になる」という女性もいらっしゃると思います。

そこで、今回は前髪が薄くなってしまう原因についてみていきましょう。

前髪の薄毛が気になる女性は前髪が脱毛してるかも?!

前髪が薄毛になってきている理由として考えられるのは、女性に限らずですが抜けてしまっている、または毛が細くなっているということです。

女性特有の脱毛には3種類あります。日常の生活習慣が原因となっている場合や遺伝による影響のものなどです。

1つ1つ確認していきましょう。

牽引性脱毛症

自宅では、前髪が邪魔だからとヘアゴムでまとめている人も多いです。そのため、頭皮に負担をかけ続けることで血行不良となり、その部分の髪の毛が薄くなります。

時々分け目を変えたり、普段前髪をアップにしているのであればピンで止めるなどに変更してみると負担が軽減されます。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは、ストレスにより乱れることもあります。

また、出産や月経は大きくホルモンバランスが崩れるタイミングでもあります。

ホルモンバランスが崩れて分泌量が減少すると髪の毛が細くなりやすくなるため、抜け落ちてしまうことがあります。

女性は、女性ホルモンのほか男性ホルモンの一種であるアンドロゲンやテストステロンが分泌されています。

女性ホルモンの分泌が少なくなると相対的に男性ホルモンの割合が多くなるため、AGA(男性型脱毛症)の脱毛を起こしてしまう可能性もあります。

シャンプーやスタイリング剤が洗い流せていない

シャンプーやリンスなどのすすぎが甘く、生え際に付着したままになっていることが原因となることもあります。

頭皮の毛穴を埋めてしまうため、髪の毛が細く弱くなって脱毛につながってしまいます。

もしAGAが原因だとしたらどうしたらいい?


AGAは若年性脱毛症・男性型脱毛症ともいい、一種の病気です。

女性では、びまん性脱毛症という全体的に薄毛になる症状が特徴のものが起こりやすいです。

AGAは、早期から専門医の元で治療を受けることが、脱毛を食い止めるための一番の薄毛対策になります。

基本は内服・外用薬治療です。

しかし、それでも効果がない場合には、第3者から採取した成分などを使用する方法もありますが、アレルギーを起こしてしまうなどリスクがあります。

専門のクリニックなどもありますが、近年再生医療の発展により、自分の血液から採取する成長因子を利用して発毛を促すことができる治療方法が出てきています。

再生医療では自分の細胞、成分を使用するので副作用が起こりにくく、有効性も期待されています。

まとめ

前髪が薄毛の原因は、女性に限らず生活習慣からきていることも多いですが、AGAのように病気の可能性もあります。

薄毛対策として、思い当たる原因を改善しても薄毛が進んでいく様であれば、専門医に相談してみましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ