トピックスtopics

若年性脱毛症の治療はどんなものがある?

加齢とともに脱毛が起こることは、ほとんどの人が知っていると思いますが、ここでは若年性脱毛症の治療など薄毛対策についてみていきます。

若年性脱毛症は名前の通り、高齢になってもいないのに若年者に脱毛が起こる病気です。

「最近おでこが広くなってきた気がする」という方は一度目を通してみてください。

若年性脱毛症の治療方法は?薄毛対策はどうすれば良い?

AGA(男性型脱毛症)の一般的な治療は、内服薬や塗り薬などの投薬治療となります。

使用される薬は市販されていないので、皮膚科や専門のクリニックなどに受診する必要があります。

ミノキシジル:毛を生やす

毛細血管を拡張させて血液の流れを良くします。髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけます。

また、毛乳頭細胞自体も増やしてくれるため、発毛を促します。

フィナステリド・デュタステリド:抜け毛を抑制する

テストステロンと酵素の結合を阻害します。

これら2つを併用、もしくは単独で使用することで発毛を促します。

生活習慣の見直し

薄毛対策としては、睡眠不足や運動不足の改善、食生活・ストレスの改善などの生活習慣の見直しのほか、喫煙や飲酒を控えるなど嗜好品も見直してみましょう。

発毛剤・育毛剤

発毛剤や育毛剤を使用するのも方法の1つですが、まずは生活習慣を見直すことなど自分のできることを全て行ってからでないと、本当の原因がどこにあるのかもはっきりしません。

発毛剤や育毛剤は、生活習慣を見直しても改善が見られない場合、自宅で行う薄毛対策の最終手段として利用してみましょう。

若年性脱毛症って何?症状は?


特に、男性の若年性脱毛症はAGA(男性型脱毛症)とも言われます。AGAという文字は普段の生活の中でも目にしたことがあるのではないでしょうか。

AGAの原因は主に4つあります。

①男性ホルモンのテストステロン

テストステロンが、頭皮にある酵素と結びつくことでAGAを引き起こす「ジヒドロテストステロン」へと変化します。

このジヒドロテストステロンが、アンドロゲンレセプターという受容体に取り込まれ脱毛信号を発して髪の成長を妨げてしまいます。

②遺伝的要素

AGAになるリスクは家族や親族の中にAGAの人がいることで高くなります。

特に母型の家系にAGAの人がいる場合はリスクが高くなります。

③血行不良

特に男性は、仕事でも責任のある地位につくことも多く、ストレスを感じやすい状態にあることが多いです。

ストレスを感じると血管が収縮し血流が低下します。血流が悪くなることで栄養が髪や頭皮に届きづらくなり、薄毛へと影響している可能性があります。

④生活習慣の乱れ

睡眠不足、栄養不足、喫煙、アルコールの過剰摂取などは髪の成長を妨げる一因です。
喫煙によるニコチンの摂取は血流低下を起こします。

これらは意外にも原因と認識されないことが多いので、一度、生活習慣を振り返ってみてください。

まとめ

若年性脱毛症の治療は基本的には内服治療です。それでも効果がないようであれば別の治療方法が選択されます。

薄毛対策として、近年では再生医療による毛髪再生治療が行われるようになっています。

PRP(多血小板血漿)を自身の血液から取り出し、頭皮に注入する方法です。

PRPには多くの成長因子が含まれています。効果が高いうえ自身の血液から採取するため免疫反応も起こりづらいと考えられています。

ベーシックな治療で効果がない方は、再生医療を使用してみるのはどうでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ