トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 免疫力を高めるサプリがある?どんな栄養素をとればいい?

免疫力を高めるサプリがある?どんな栄養素をとればいい?


健康をサポートするアイテムとして「サプリメント」が人気を集めています。

もし、飲むだけで免疫力を高められるサプリがあれば、手軽に利用できるので積極的に導入したいと思いませんか?

そこで今回は、免疫力を高めるサプリについて解説します。

免疫力を高める栄養素がとれるサプリとは?

サプリにもさまざまな種類がありますが、結局のところサプリとは「何らかの栄養に特化した錠剤類」のことです。

つまり、免疫力を高めるサプリを探したいのであれば、「免疫力を高める栄養素に特化したサプリ」を見つけることが必要です。

では、どのような栄養素を含むサプリが免疫力を高めるのでしょうか?

・タンパク質
・食物繊維
・乳酸菌
・ビタミンA、βカロテン
・ビタミンC
・ビタミンE

上記の栄養素は、免疫細胞や腸内環境に強く影響する栄養素であり、不足すると免疫力を低下させる原因になる可能性があります。

自身の食生活を見直し、日ごろの食生活ではどうしても不足しがちになってしまう栄養素があれば、免疫力を高めるためにも、その栄養素をサプリで補うことをおすすめします。

免疫を高めるサプリを利用するときの注意点


免疫力に関係することに限らず、生活にサプリを導入する際に注意するべきなのは「欠乏症」と「過剰症」です。

欠乏症は栄養不足による症状で、過剰症はその栄養を過剰摂取した際に起こる症状であり、特にサプリの過剰摂取による過剰症には注意が必要となります。

例えば「亜鉛」が不足すると味覚障害が起きますが、亜鉛を過剰摂取すると「銅」の吸収を阻害する過剰症が発生します。

銅の吸収が阻害されて銅の欠乏症を起こしてしまうと、免疫力に関わる「白血球」の数が減少するという状態に陥るのです。

亜鉛が不足して味覚障害になると食事の満足度を下げてしまい、食事の偏りを招く可能性がありますが、サプリ等で過剰摂取すると過剰症で銅の吸収阻害を起こして白血球が不足するというジレンマがあります。

何らかのサプリで特定の栄養を多く摂取する場合には、過剰症となる摂取量を越えないように利用するのが一番です。

安全に免疫力を高める方法にはサプリ以外の方法ある!

サプリには過剰症のリスクがあり、場合によっては免疫力に関わる症状に悩まされる可能性があります。

安全に免疫力を高めたいと考えるのであれば「免疫細胞療法」をおすすめします。

免疫細胞療法は副作用の少ない治療法として有名で、自身の血液から採取した免疫細胞を培養して増やしてから体内に戻すので、拒否反応などのリスクが少なく、安全に免疫力を高めることができる方法として注目を集めています。

まとめ

免疫を高めるためにサプリで不足しがちな栄養素を補うことは決して悪くないのですが、可能であれば普通の食事からバランスよく栄養を摂取することをおすすめします。

免疫力を高める方法としては、過剰症などの健康上のリスクが少ない免疫細胞療法もおすすめです。

興味がある人は、免疫細胞療法を取り扱う医療機関に問い合わせてみてください。

トップ