トピックスtopics

農作業で膝痛になる原因とは?対策法はある?

農作業をしていて膝痛を感じたことはありませんか?農作業時には一生懸命で気づかなくても、家に帰ってから膝痛を感じる人もいるかもしれません。

農作業はしゃがんだままや上を向いたままなど、負担のかかる動作を長時間同じ姿勢で行うことの多い仕事ですから、膝痛を発症してしまう人もたくさんいます。

今回は、農作業における膝痛の原因や対策法について解説します。

農作業で膝痛になる原因とは?


農作業で膝痛になる原因の多くは、膝のオーバーワーク、つまり膝の使いすぎです。膝への負担の積み重ねにより、関節が変形したり、軟骨がすり減ったりすることによって膝痛へと繋がってしまうのです。

関節は日常動作でも負担のかかる部位なので、農作業で重いものを持つ、しゃがんだままなどの負担のかかる姿勢が長時間続く…などによって、関節の損傷や変形が進んでしまいがちです。

農作業で膝痛になった!対策法は?

関節は、一度損傷してしまうと自然治癒は難しいので、農作業で膝痛を感じるのであれば、早めに医療機関を受診し、きちんと診察してもらうようにしましょう。

軽度の症状であれば、安静にする、痛みが治まれば筋力トレーニングをする、薬物療法をおこなう…といった治療で、痛みが改善されることもあります。

筋力トレーニングで筋肉をつけると、筋肉が関節をサポートし、膝痛の改善に繋がるので、専門医などの指導を受けながら、適切な運動療法を取り入れていくと良いでしょう。

また、農作業をしている間に、こまめにストレッチをするのも有効です。

さらには、サポーターやテーピングで関節を補強、固定することで血流が良くなり、膝痛が改善することもあります。

ただし、間違ったやり方で行うと逆効果になることもあるため、きちんと専門機関で指導を受けるようにしましょう。

関節の損傷が進んで膝痛が激しくなると、骨切り術や人工関節置換術のような外科的処置が必要となる場合もあります。

しかし、近年は、再生医療による治療も選択肢の1つにすることができます。

再生医療は、自身の細胞を用いて関節の修復をおこなうため、リスクも少なく、手術のように体に大きな負担がかかりません。また、治療期間が短いというメリットもあります。

まとめ

農作業をするときの膝痛の原因とその改善方法について説明しました。

まずは医療機関を受診し、膝の痛みの原因を診断してもらいましょう。そして、早く痛みが改善できるように、適切な治療を受けてくださいね。

関節の損傷は、自然治癒が難しく、症状が進行すれば手術が必要になることもあります。近年は再生医療という治療法も選択できますが、やはり、症状の悪化を食い止めるのが一番です。

早めに病院を受診するようにしましょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ