トピックスtopics

膀胱炎を繰り返す20代は免疫が低下している証拠?

「膀胱炎」という病気は、再発を繰り返す可能性がある病気です。20代という若さで膀胱炎の再発を繰り返す場合には、免疫が低下していることを疑うべきかもしれません。

今回は、20代で膀胱炎を繰り返す場合に免疫力低下を疑う理由について解説します。

20代で膀胱炎を繰り返すのは免疫が低下していることが原因?


「膀胱炎」とは、膀胱に細菌が感染し、炎症を起こす病気です。

尿道が比較的短い女性に多く見られ、20~30歳代の若い女性に最も多く見られ、繰り返す人も少なくありません。

膀胱炎はなぜ繰り返す人が多いの?

膀胱炎の治療は原因菌を駆除するための抗生物質を用いますが、人によっては症状が改善した時点で完治したと勘違いし、医師の処方した薬をその時点で服用中止してしまうケースがあります。

これが問題で、実は症状が治まって完治したと思っていても、膀胱内には原因菌が残っている場合があるのです。

数が減ったことで症状が治まる可能性がありますが、免疫が低下すると原因菌が一気に増殖し、膀胱炎を再発してしまう可能性が高まります。

このように、最初に発症したときにきちんと治療しきれなかった(膀胱に原因菌が残っている)場合に免疫力が低下することで再発しやすいのが、膀胱炎の特徴の1つなのです。

20代となると社会人になっている人が多く、仕事でストレスを溜め、疲労回復が追い付かないことで免疫が低下していることもあります。そのため、膀胱炎を繰り返す人が多いのでしょう。

免疫を高めることで繰り返す膀胱炎を予防できる?

膀胱炎のように細菌などの感染を原因とする病気の中には、体内に潜伏することで免疫力が低下したときに再発する病気も少なくありません。

根本的な治療が難しいケースも多く、免疫力を高い状態で維持することが再発防止に役立つ場合もあります。

もし、免疫を医学的な手法で向上させ、繰り返す膀胱炎などを予防したいと考えているのであれば「免疫細胞療法」を検討してみることをおススメします。

免疫細胞療法は本人の血液から採取した免疫細胞を培養し、増殖・活性化させてから点滴で体内に戻すという治療法です。

自家細胞を利用するため副作用のリスクが少なく、体への負担が少ない治療内容となっています。

この治療法は「がん」の予防および治療後の再発予防に効果が期待されているという点でも注目されており、新しい治療法としてさまざまな可能性を秘めているのです。

20代で膀胱炎を繰り返すという悩みの改善にも役立ち、免疫を上げることでさまざまな病気のリスクを減らすこともできます。

まとめ

膀胱炎の症状は不快なものであり、20代など若い年齢であっても繰り返すことが多いです。しっかりと治療して、免疫力を高めることで再発予防に努めましょう。

免疫力を高める方法としては免疫細胞療法という選択肢もおすすめです。

繰り返す膀胱炎などで悩んでいる、免疫を高めたいという人は、免疫細胞療法による治療を検討してみてはいかがでしょうか。

トップ