トピックスtopics

畑仕事をしていると膝が痛い!対策法はある?

畑仕事をしていると膝が痛い、立ち上がりやしゃがむときにつらい…というようなことはありませんか?

「年のせいかな?」「年も年だから仕方がない!」などと、膝が痛いのに畑仕事を頑張り、病院に行かないままでいると、どんどん症状が悪化してしまうかもしれません。

今回は、「畑仕事をしていると膝が痛い」という症状が出る原因や対処法について紹介します。

畑仕事をしていると膝が痛いのはなぜ?原因は?


畑仕事をしているとき膝が痛い場合、「畑仕事そのものが膝の痛みの原因なのかな?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、「膝が痛い」という症状が出る原因は、畑仕事に限ったことではなく、いろいろあります。

膝が痛いという症状が出る原因とは?

膝に限らず、関節は加齢によって痛みが出やすくなります。特に膝の関節は、日常生活の中で歩くだけでも負担がかかっていますから、年齢を重ねると「膝が痛い」という症状を訴える人もたくさんいます。

畑仕事を長年続けてきたという人の場合、さらに膝には大きな負担がかかっています。

畑仕事では重いものを持ったり、腰をかがめて中腰になったり、同じ姿勢のままでいることも多い仕事です。また、頻繁な屈伸運動が膝に負担をかけるので、膝が痛みやすくなるのです。

膝の痛みの原因は医療機関で診断してもらいましょう!

痛みがあるのに我慢をしていてはいけません。

畑仕事をしていて膝が痛いのであれば、医療機関を受診し、診察を受けてください。そうすることで、痛みの原因が分かります。

痛みの原因が分かれば、治療法も見つかりますから、つらい痛みを改善できるでしょう。

畑仕事で膝が痛い…畑仕事のやり方を見直そう!

畑仕事をすると膝が痛いという場合は、畑仕事のやり方を見直すことで、症状が緩和できることもあります。

例えば、畑仕事をおこなう姿勢や履いている靴を見直し、物を持ち上げるときに立ったまま持ち上げようとせずゆっくりとしゃがんで持ち上げるようにするなどです。

あなたに合ったサイズの靴を履き、足全体をサポートする靴にすることで膝や股関節への負担が軽くなります。クッション性の高い中敷きも敷くようにすると、さらに足にかかる負担が軽くなるでしょう。

畑仕事をすると膝が痛い!治療法は?

膝の痛みの原因はさまざまですが、軽度であれば安静にする、運動療法をするなどによって痛みの緩和ができることもあります。

病院を受診し、膝の痛みの原因が関節周辺の筋力不足のせいだと言われたら、筋力トレーニングやマッサージ、ストレッチをおこないましょう。

筋肉をつけることによって、筋肉が関節をサポートするので痛みが軽減します。

ただし、急に過度の筋力トレーニングを行うと逆効果になってしまうため、少しつらいかな、という程度の筋力トレーニングを毎日継続して行うようにしてください。

トレーニング方法についても、医療機関の医師などに指導を受けると良いでしょう。

手術を検討しなければならないことも…

「畑仕事をすると膝が痛いのは、きっと年のせい…」などと思って頑張りすぎてしまうと、関節に変形や軟骨のすり減りが起きてしまうことがあります。

一度生じた損傷は自然治癒することはほぼないので、医師の指導の下、運動療法や薬物療法をおこなうだけでなく、外科的手術を検討しなければならなくなることもあります。

膝が痛いとき…再生医療という選択肢もある!

近年、注目を集めている再生医療によって、関節の痛みを軽減する効果が期待できます。

再生医療では、自身の細胞を用いて関節の修復を図るため、副作用のリスクも少なく、身体にも大きな負担がかかりません。また、手術に比べると治療期間も短期間で済むというメリットもあります。

再生医療に興味のある人は、専門のクリニックでご相談ください。

まとめ

畑仕事をすると膝が痛い…というのは、単に年のせいではない可能性があります。ですから、痛みは我慢せず、早めに医療機関を受診し、痛みの原因を診断してもらいましょう。そうすることで、痛みを緩和できる可能性が高くなります。

また、膝の痛みを改善するための方法として、再生医療という治療法も選択できます。再生医療については、どこの医療機関でも受けられるというものではないので、専門のクリニックでご相談くださいね。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ