トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • バレエを踊るときの膝の痛み【原因・予防や改善方法について紹介】

バレエを踊るときの膝の痛み【原因・予防や改善方法について紹介】

バレエを踊っていて膝の痛みを感じたことはありませんか?バレエでジャンプをして着地するときなど、膝の痛みを感じるダンサーは多いかもしれません。

しかし、バレエを踊るたびに膝の痛みを感じていたら不安ですよね。

今回は、バレエを踊るときの膝の痛みについて、原因、予防、改善方法を紹介します。

バレエを踊るときの膝の痛みの原因とは?


バレエは優雅に見えますが、一方で、下半身の関節や筋肉に大きな負担のかかる動作も多いスポーツです。

ジャンプ後の着地で、股関節と膝関節の柔軟性が不足していたため、膝が内側に曲がったままの無理な姿勢の状態で着地し、膝を負傷してしまったダンサーもいます。

数週間後のコンクールに間に合わせるために、治療と練習を並行して行う必要があるため、治療が遅れ、重症化してしまったケースもあるようです。

また、ある研究によると、ジャンプ後の衝撃吸収において一般人は腰で衝撃を分散させましたが、バレエダンサーは膝、足関節への負担で衝撃を分散させていることも示唆されています。

このように、バレエは様々な要因で膝の痛みを引き起こしやすいスポーツであることがわかります。

バレエを踊るときの膝の痛みの予防と改善方法

膝に負担がかかることはわかってはいても、やっぱりバレエを踊りたい!という人は、きっと多いと思います。

そこで、バレエを踊るときに膝の痛みを軽減する方法や、セルフケアについて紹介します。

膝の痛みの原因が、筋力不足の時は自宅での筋力トレーニングも効果的です。腰回りの筋肉から、ふくらはぎにかけて広範囲ではありますが自宅で筋力トレーニングを継続して行うようにしましょう。筋肉が関節をサポートし、痛みの軽減に繋がります。

また、サポーターやテーピングで固定、補強して痛みを軽減させることもできます。

しかし、その際はサイズや巻き方などを間違えると逆効果になる場合もあるため、きちんと専門医などにアドバイスを受けてから行うようにしましょう。

バレエの膝の痛みには再生医療も効果が期待できる!?

近年、注目されている再生医療は、バレエをするときの膝の痛みの改善にも効果が期待できます。

再生医療は、スポーツ医療の分野においても期待されている医療です。バレエをするときの膝の痛みの改善に、再生医療に頼ってみたいという人は、専門のクリニックで相談してみてください。

まとめ

バレエと膝の痛みは密接な関係があり、避けては通れないと言っても過言ではないかもしれません。少しでも負担を減らすため筋力トレーニングをおこない、自宅でもマッサージやストレッチをして負担がかかりにくい状態を作るようにしましょう。

近年は、再生医療による治療も選択できるので、医師に相談して検討してみても良いでしょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ