トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 20代の立ち仕事で「膝が痛い」女性の膝の痛みを和らげる方法

20代の立ち仕事で「膝が痛い」女性の膝の痛みを和らげる方法

「まだ20代で若いけれど、長時間の立ち仕事で膝が痛い」「重いものを持ったりすることで膝が痛む」など、日常生活に支障が出る膝の痛みを何とかしたいという人もいるでしょう。

仕事を休むことはできないと思うので、日常生活の中で膝の痛みを和らげる方法を紹介します。

20代で膝が痛い!立ち仕事が原因?


20代で膝が痛い…という女性で、立ち仕事をしている人は、その立ち仕事が膝の痛みの原因になっていることが考えられます。

痛みの原因としては、膝を使いすぎることで靭帯に負荷がかかっていることが考えられます。靭帯に負担がかかることで痛みが出始めます。

その後、さらに負荷がかかると靭帯損傷となり、放置することで軟骨などの他の部分にも影響があらわれるようになるため痛みを感じるようになるのです。

また、加齢とともに、日々の積み重ねで膝の骨や軟骨の変形、すり減ることにより、膝を動かす動作だけで痛みが増加していくこともあります。

休めない!立ち仕事の膝の痛みを和らげる方法

あまりに長い期間、膝の痛みが持続している時には手術を進められる場合もありますが、症状を和らげることは保存療法でも可能です。

サポーターの使用

サポーターには筋肉の働きを補助してくれる働きがあり、サポーターの固定によって安定感があるため動かしやすくなります。

痛みなどで動かしにくく筋力が落ちているような場合でも、ぐらつきをおさえることができるため、膝の動きをスムーズにしてくれます。

ストレッチや運動療法

膝関節への負担を減らすことに有効です。まずは運動の前に、ストレッチをして、筋肉をのばしてあげると良いでしょう。 

体重管理

急激な体重増加や肥満体型であることは、膝への負荷が大きくなります。適正体重に近づけられるようにしていきましょう。

薬物療法

痛み止めの内服で日常生活がスムーズに送ることができます。お仕事のない時には、痛み止めを飲まずに過ごすなど調整をすると良いでしょう。

手術は最後の手段として、受けることができるので、まずは手術をしないで治すことを目指してみるとよいでしょう。

近年は、再生医療による治療を選択することもできます。スポーツ医療でも用いられることの多い再生医療は、患者さんの負担を抑えることができ、副作用も少なく済む治療法として注目を集めています。

まとめ

20代…など、若くても膝が痛いという悩みをお持ちの方はいると思います。特に立ち仕事をしている方だと、膝が痛い悩みで困っているということもあるでしょう。

今回は、休めない立ち仕事のつらい膝の痛みに対して、少しでも痛みが和らぐ方法についてご紹介しました。

膝の痛みは命に関わるものではないので、自分の意思に反して手術を受けさせられることはありません。

膝の痛みに長年悩んでいる方、手術はしたくないと思っている方は、この再生医療についても検討してみると良いでしょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ