トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 免疫力低下を改善する食べ物を紹介!免疫アップに役立てよう

免疫力低下を改善する食べ物を紹介!免疫アップに役立てよう

食事は、健康上さまざまな影響を与える要素の1つです。

免疫力低下は病気のリスクを高めるため改善したいところですが、日常的な食事の中で改善できれば手軽ですよね。

今回は、免疫力低下を改善できる可能性がある食べ物について解説します。

免疫力低下の改善に効果的な食べ物とは?


免疫力低下の改善に効果的な食べ物を紹介します。

発酵食品・食物繊維が豊富な食べ物

「発酵食品」や「食物繊維が豊富な食べ物」は、腸内環境を改善する効果が期待できる食べ物として有名です。

免疫の60%以上は腸に存在するといわれており、腸内環境を整えることで免疫力を改善できる可能性があります。

ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品や、食物繊維豊富な野菜や豆類などを積極的に食事に取り入れましょう。

タンパク質が豊富な食べ物

「タンパク質」は、健康的な身体づくりに欠かせない栄養の1つです。

免疫細胞など、体を構成するすべての細胞はタンパク質から作られており、タンパク質が不足すると皮膚や粘膜が弱くなってしまいます。

ダイエット時には不足しがちな栄養の1つですが、良質なタンパク質をしっかりと食事に取り入れてください。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE

「ビタミンA」は粘膜を正常に機能させるために必要な栄養です。ニンジンなどで摂取しましょう。

「ビタミンC」は白血球の働きを強化することで免疫力低下の改善に効果的です。果物や野菜から摂取しましょう。

「ビタミンE」は活性酸素の除去や血行促進に効果的な栄養であり、アーモンドなどのナッツ類から摂取できます。

食べ物で栄養のバランスを整えつつ免疫細胞療法も検討してみては?

食事で栄養などのバランスをしっかりと整え、規則正しく食べることが健康的な身体づくりのためには必要です。そして、特定の栄養だけを集中的に摂取しても、免疫力低下を改善することはできません。

健康的な食生活を維持しつつ、より積極的に免疫力を高めたいと思うのであれば「免疫細胞療法」という治療法を検討してみましょう。

免疫細胞療法は、血液内の免疫細胞を取り出して培養し、体内に戻すことで免疫力を高める治療法です。

採血と点滴という体への負担の少ない治療内容であり、自家細胞を利用するため副作用のリスクも少ないというメリットがあります。

まとめ

免疫力低下を改善できる食べ物は数多く存在しますが、最も重要なことは「栄養バランスと規則正しい食生活」を維持することです。

食生活以外にも免疫力低下の原因と改善の余地はありますが、積極的に免疫力を改善したいと考えるのであれば免疫細胞療法を検討してみると良いでしょう。

トップ