トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 肝臓はサプリで再生できる?取り過ぎは逆効果になることも!

肝臓はサプリで再生できる?取り過ぎは逆効果になることも!

美容や健康のためにサプリを飲んだことがある人は多いと思います。お酒を飲むときにアルコールの代謝を良くするためにサプリを飲んだ経験がある人もいるでしょう。

しかし、サプリの取り過ぎは逆効果になることがあるのをご存じでしょうか。肝臓が再生できない状態になってしまう危険もあります!

今回は肝臓とサプリの関係をご紹介します。

サプリで肝臓は再生する?肝臓とサプリの関係とは?


肝臓は再生機能に優れた臓器ですが、結論から言うと、再生が促進されるサプリはありません。むしろ過剰摂取は肝臓に悪影響を与えることもあるのです。

身体にいいといわれるサプリは世の中にたくさんあります。

アルコールの分解を助ける、疲れを解消する、健康増進、代謝を良くするといった説明を読んで、サプリを飲んだ経験のある人もいるでしょう。

肝臓には、大きくわけて代謝・解毒分解・胆汁の生成・免疫といった機能があります。私たちが口にした食べ物は胃や腸が消化・吸収し、残ったエネルギーは肝臓に貯留されます。また、薬物やアルコールのような有害物質は肝臓で解毒されて体外に排出されるのです。

これらの機能にはサプリの摂取も関わります。サプリは食べ物だけで摂ることができない栄養を摂取したり、足りない栄養を補うのに使われます。これらは肝臓で代謝されるため、サプリの摂取は肝臓に影響を及ぼします。

肝臓にいいといわれるサプリが逆効果になることも!?

サプリは薬剤と同じく肝臓で解毒・分解されますが、これが過剰になれば肝臓の負担が大きくなります。薬剤によって起こる肝臓の病気に薬剤性肝障害というものがありますが、健康食品などサプリの取り過ぎで引き起こされた事例もあります。

そして、アルコールの分解を助けるサプリを飲めばアルコールをたくさん飲んでも大丈夫というわけではありません。それに過信して過剰飲酒をすれば、もちろん肝臓に負担をかけることになります。

また、すでに肝炎や脂肪肝のような肝臓の病気がある人もサプリには気を付けてください。

炎症が起きている状態や脂肪が蓄積して肝機能が低下している状態で、さらに肝臓に負担をかけてしまうからです。

肝炎や脂肪肝、薬剤性肝障害は進行すると重篤な状態に陥ることもあります。肝臓が再生しない肝硬変に進展することもあるのです。

肝臓の治療にはサプリではなく再生医療という選択肢!

肝炎や脂肪肝が進展すると、肝硬変という状態になることがあります。肝硬変は組織が繊維化して肝臓が固くなった状態で、肝臓は本来の機能を発揮できないばかりか再生することも難しくなります。

そのような状態でサプリを摂取すると、肝臓の負担になります。肝臓に再生機能を取り戻そうと思っても、サプリでは再生させることはできません。どうしても摂取したいものがある場合は、まず主治医に相談してみてください。

元の状態に戻るのが難しい肝硬変ですが、近年再生医療という方法が注目されています。自己由来幹細胞を肝臓に送り届け、繊維化した組織を溶解・修復させるというものです。肝臓が元の機能を取り戻すことが期待できるでしょう。

まとめ

肝臓は人体最大の代謝機能で、薬物やアルコールなどの有害物質を解毒・分解する役割を果たします。

体にいいとされるサプリは、飲みすぎによって肝臓に負担をかけ、肝障害を起こすリスクもあります。

肝臓が再生できない肝硬変では、サプリの代謝が難しくなるため医師に相談してください。

肝硬変の治療では再生医療という方法があり、肝臓を修復させて元の機能を取り戻す効果を期待できます。再生医療による治療を検討してみてはいかがでしょうか。

トップ