トピックスtopics

免疫力低下を改善する方法を解説します!

免疫力低下をそのままにしていると、風邪などの病気を発症しやすくなり、日常生活にも支障をきたす可能性があります。

免疫力低下には原因があるケースも多く、原因があれば特定して改善する余地があるということです。

今回は、免疫力低下を改善する方法について解説します。

免疫力低下を改善するには生活習慣の見直しが大切!


免疫力低下は、基礎疾患や遺伝的な要因による免疫不全疾患によるケースもありますが、そうした疾患が原因ではなく「生活習慣」の中に原因が隠れているケースも珍しくありません。

例えば「食生活」です。

食生活に偏りがあり、飲酒量が多い人や高血糖な食事を好む人は、免疫力低下の状態になりやすくなります。

免疫力に限らず、健康的な生活のためには食生活のバランスを整え、3食きちんと規則的に食べることが重要です。

次に「睡眠」が挙げられます。

睡眠不足は自律神経を見出し、疲労を体に蓄積してしまうことで免疫力低下の状態になる可能性があります。

睡眠時間を確保することはもちろん、「睡眠の質」を高める(睡眠時のリラックスなど)ことも意識しましょう。

あとは「運動不足」と「過度な運動」は、どちらも免疫力低下の原因になるので、適度な運動を心がけてください。

その他にも「喫煙量が多い」「ストレスを溜めこんでいる」なども、免疫力低下の原因となる可能性があるので、心当たりがあれば改善してください。

積極的に免疫力低下を改善するための免疫細胞療法

より積極的に免疫力低下を改善し、健康的な生活を手に入れたいと思うのであれば「免疫細胞療法」も検討してみてください。

この治療法は本人の血液から培養して数を増やした「NK細胞」などの免疫細胞を、点滴で本人の体内に戻すことで体内の免疫細胞の数を増やすための治療法です。

免疫細胞の数は、免疫力に大きく関係しています。

免疫細胞療法によって数を増やした免疫細胞は体内に侵入した病原体をしっかりと攻撃し、病気の発症を抑えてくれるのです。

また、この治療法は「がん」の予防、および治療後の再発予防にも効果が期待されており、本人の体内から取り出して培養しているという特性上「拒否反応」などの副作用が少ないというメリットがあります。

まとめ

免疫力低下の原因を特定し、それを改善することで低下した免疫力を改善できる可能性があります。

しかし、どうしても生活習慣の改善だけでは十分に免疫力低下を改善できないケースも少なくありません。

免疫力低下を積極的に改善したいと考えているのであれば、免疫細胞療法を取り扱っている医療機関に問い合わせてみてください。

トップ