トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 肝臓が再生する時間は?再生しない肝臓の病気もある!

肝臓が再生する時間は?再生しない肝臓の病気もある!

再生能力が高いことで知られる肝臓ですが、どれくらいの時間があれば再生するのでしょうか。

今回は肝臓の再生についてご紹介します。再生できなくなってしまう肝臓の病気についても見ていきましょう。

肝臓の機能とは?再生するのにはどれくらい時間がかかる?


肝臓は再生できる臓器ですが、どれくらい再生能力が高いのでしょうか。肝臓を切除する病気には肝臓がんがありますが、例えば手術で7割を切除しても約2週間で元の重量に戻ります。半分以上切除しても時間が経てば再生するということは、肝臓の再生機能の高さがわかりますよね。

肝臓の働き

肝臓は、人体最大の代謝機能をもつ臓器として人間の体を支えてくれています。私たちが口にした食べ物は胃や腸で消化・吸収され、残ったエネルギーは肝臓に蓄えられます。また、アルコールや薬物のような有害物質は肝臓で無害なものに解毒されるのです。

肝臓は、このような重大な働きをしてくれていますが、大きな負荷がかかることもあります。

アルコールの過剰摂取がその代表です。いくら再生機能に優れているとはいえ、長い時間繰り返し解毒をおこなうのは、肝臓にとって大きな負担になります。また、脂肪や糖分の多い食事は、肝臓に脂肪が蓄積する原因となってしまいます。

時間がたっても再生しない肝臓の病気とは?

脂肪が蓄積した肝臓は、脂肪肝といった状態になります。脂肪肝になるとそれまでの代謝機能が十分に発揮できなくなり、悪化すれば肝硬変になることもあります。

肝硬変とは肝臓が繊維化して固くなった状態で、再生力に優れた肝臓でも、肝硬変になると元の状態に戻ることが難しくなってしまいます。

肝硬変に進展する病気には肝炎もあります。ウイルス性肝炎が有名ですが、自覚症状がないからといって放っておくと、20~30年という長い時間を経て肝硬変になることがあるのです。

時間がたっても再生できない…という状態にならないようにするには、定期的に健診を受け、肝臓の病気の早期発見につなげることをおすすめします。

肝硬変を治療できる最先端の医療「再生医療」について紹介します!

肝臓はいきなり肝硬変になるわけではなく、肝炎や脂肪肝から時間をかけて進行していきます。脂肪肝のうちに進行を止めることができればいいのですが、沈黙の臓器といわれる肝臓は自覚症状が出現しないことが多いです。

健診で脂肪肝が指摘される、あるいは、ほかの病気で受診して偶然発見されることもあります。

そして、脂肪肝や肝硬変の治療は、これまで食事療法や運動療法がメインでした。生活習慣を見直すことで、病気の悪化を防ぐのです。しかし、肝硬変になってしまった肝臓は再生することができません。

そんな肝硬変の治療として近年「再生医療」が注目されています。自己由来幹細胞を静脈注射で肝臓まで送り届けるという方法です。

幹細胞が繊維化した肝臓の組織を溶解・修復し、肝臓を元の状態に戻すことが期待されています。これまで肝硬変になると再生が困難でしたが、再生医療によってその可能性が広がっているのです。

まとめ

再生力に優れた肝臓ですが、肝炎や脂肪肝の状態から時間をかけて肝硬変になると、元の状態に戻ることが難しくなります。

肝硬変の治療法はこれまで食事療法がメインでしたが、近年再生医療が注目されています。

時間がたっても再生しない肝臓の病気になってしまう前に、その予防をすることも大切ですが、治療については、再生医療も選択肢の1つとして検討してみてください。

再生医療の可能性に興味がある、頼ってみたいという方は、まずは、再生医療の専門医にご相談してみてはいかがでしょうか。

トップ