トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 免疫力低下を引き起こすとどんな症状に見舞われるの?

免疫力低下を引き起こすとどんな症状に見舞われるの?

「免疫力低下」という言葉は、健康志向の人を中心としてさまざまな人の関心を集めています。

もしかすると、この記事をご覧になっているあなたも免疫力低下を心配しているのかもしれません。

では、免疫力低下の状態になると、どんな症状が出るのでしょうか?自覚症状はあるのでしょうか?

今回は、免疫力低下により引き起こされる症状について解説します。

免疫力低下によって引き起こされる原因と症状

免疫力低下の原因は人によって異なります。

生活習慣などの影響による一時的なものから、病気としての「免疫不全疾患」など、さまざまな要因で免疫力が低下したり、免疫機能がきちんと働かなかったりします。

例えば「ストレスが溜まっている」「激しい運動を日常的に行っている」などが免疫力低下の原因になりますし、免疫不全疾患は薬物の副作用や遺伝により発症します。

免疫力低下により引き起こされる症状

免疫力が低下すると、簡単に言えば「さまざまな病気にかかりやすくなる」という症状が現れることが多いです。

具体的には、細菌やウイルスといった病原体の感染リスクが高まり、風邪などの感染症の発症リスクが高まります。

特に疾患レベルで免疫力が低下すると、のどや鼻、皮膚など体外との接触が濃厚な部位に症状が出やすく、中耳炎や発疹、重篤な場合だと肺炎やアレルギー症状などを引き起こす場合もあります。

免疫力低下の症状を予防するには免疫細胞療法!


疾患レベルでないとしても、免疫力が低下するとさまざまな病気にかかりやすくなり、生活の質を落とす原因となってしまう可能性があります。

そこで、おすすめする治療法が「免疫細胞療法」です。

免疫細胞療法は「NK細胞」などの免疫細胞を患者さんの血液から取り出し、培養して数を増やしてから体内に戻すという流れで治療を行います。

数を増やした免疫細胞は活性化しており、体内に侵入した病原体に対する攻撃力を高めることで病気の感染リスクを抑えることができるのです。

免疫細胞療法は、がん予防、および治療したがんの再発予防にも効果が期待されており、「新たながん治療の選択肢」として注目されているという側面もあります。

まとめ

免疫力低下によりさまざまな病気にかかりやすくなり、場合によっては重篤化して重い症状に悩まされる可能性もあります。

普段から風邪などの病気にかかりやすい人は免疫力が低下しているのかもしれません。

もし、積極的に免疫力低下を予防したいというのであれば、免疫細胞療法があります。

医療の力によって免疫力を高めることで、生活の質を改善できる可能性も期待できます。免疫力低下を心配されている人は、免疫細胞療法を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

トップ