トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • バレエをすると股関節で音が鳴る!放っておいて大丈夫?

バレエをすると股関節で音が鳴る!放っておいて大丈夫?

身体の関節を柔らかくし、全身を滑らかに動かして踊るバレエですが、関節で音がなるという経験はありますか?バレエをしていない人でも立ち上がりの時などにポキッと音がなることがあります。

今回は、バレエなどのダンスをされていて股関節から音がなるという方の原因やリスク、治療法をみていきましょう。

バレエで股関節から音がなる!原因は?


バレエで90度以上に足を上げようとすると股関節から「ポキッ」と音がなるという経験がある方は、一定数いると思います。

この音の原因ですが「弾発股」というスポーツ障害である可能性があります。音は、筋肉や腱が骨の上で動くときにこすれることにより生じます。

主に原因動作は、股関節を屈曲させ、腸脛靭帯という太い靭帯が大転子の上を通る時です。

初めは、痛みはなく音が鳴るのみの症状であることがほとんどです。

しかし、次第に股関節外側で炎症を引き起こし痛みが生じるようになっていきます。股関節にひっかかりを感じる症状がでるのが、股関節唇、軟骨損傷です。

その他、先天性股関節脱臼や変形性股関節症なども可能性があります。

痛くはないから放っておこうは絶対ダメ!

先述した通り、放っておくと炎症が起こり痛みを生じるようになってきます。

弾発股は、股関節の周りの筋肉や腱が固くなることでおこります。なりやすい人は、バレエをしている方など股関節を屈曲する機会が多い人がほとんどです。

そのため、一般人が立ち上がりの際に音がなるのとは大きく違います。

病気が隠れている可能性もあることから、一度受診して診断してもらうのが良いでしょう。
診断方法としては病気の鑑別のために画像検査が主です。痛みは伴いません。

治療法はどのようなものがある?

痛みがなければ治療の必要はありませんが、保存療法として練習量を少なくしたり、アイシングを行ったり、理学療法、炎症があればステロイドの投与などが行われます。

弾発股で、保存療法が効かない場合は手術療法が選択されます。観血的・関節鏡下での腸脛靭帯の一部切除です。股関節唇損傷・変形性股関節症でも手術療法が適応されます。

関節鏡下での手術は難易度が高く、手術可能な医師も少ないのが現状です。

再生医療では、臓器や皮膚、骨や筋肉になり得る幹細胞を利用した治療が可能です。

自分の幹細胞を使用することから副作用が少ないのが特徴であり、身体がダメージを受けている部分の再生を期待できます。

幹細胞の採取は、腹部から少量の脂肪を採取するのみです。

培養環境も厚生労働大臣の許可を得た国内トップレベルで管理されており安心です。

まとめ

バレエで股関節から音がするときの原因について紹介しました。

バレエやダンス、スポーツをされている方は特有のスポーツ障害を負う可能性が高いです。

股関節を動かす際に音がするという症状をそのままにしておくと、生活に支障をきたすようになる可能性があります。少しのことでも自分の身体の異常には向き合うようにしましょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ