トピックスtopics

免疫力低下の原因は「ストレス」かも!?

病気に負けないためには「免疫力低下」を防ぐことが重要ですが、免疫力は生活習慣やストレスなどさまざまな原因によって低下してしまいます。

今回は、免疫力低下の原因の1つ「ストレス」について解説します。

ストレスによって免疫力低下を招くメカニズム

ストレスを感じることで、私たちの体内では「自律神経」が乱れてしまいます。

自律神経が乱れることで、例えば「IgA抗体」という免疫に深く関わる抗体の分泌が弱まることがわかっています。

IgA抗体はさまざまな病原体に対して効果を発揮する抗体であり、これが低下するとさまざまな病気に感染しやすくなるのです。

免疫力低下を防ぐにはストレスを溜めないようにすることが大切!


現代社会では、生活の中でさまざまなストレス要因が存在し、そのすべてを取り除くことはできません。

ストレスに負けない生活を送るためには、ストレスとうまく付き合い、効果的に発散する方法を確立させることが重要なのです。

例えば「適度な運動」はストレス発散に役立つだけでなく、自律神経を整えるなど健康上さまざまなメリットがあります。

インドアでも「音楽鑑賞」や「アロマリラクゼーション」など、個人に合ったストレス発散方法を実践することで、ストレスを溜め込むことなく生活を送ることができるでしょう。

より積極的に免疫力を高めるためには免疫細胞療法を利用する方法もある!

さまざまな要因で免疫力が高まったり低下したりしますが、病気の発症リスクに関わる免疫力は高いに越したことはありません。

もし、積極的に免疫力を高めたいと考えているのであれば「免疫細胞療法」という方法をおすすめします。

免疫細胞療法とは、利用者の血液から免疫に関わる細胞を取り出し、培養して増やしてから体内に戻すことで免疫力を高めることができる治療法です。

また、免疫細胞療法を利用することで「がん」の予防にも効果が期待できることがわかっています。

病気に負けない体、つまり免疫力を高めるための方法を積極的に取り入れたいという人は、ぜひ免疫細胞療法を検討してみてください。

まとめ

免疫力低下によって、風邪などの病気にかかりやすくなり、生活の質を落とすことになりますが、その一因としてストレスが挙げられます。

そのため、ストレスをためないことはとても大切ですが、免疫力低下の原因は、ストレスだけではありません。

免疫力を高めて病気に負けない体作りを積極的に目指したいのであれば、免疫細胞療法という方法も検討できます。病気になりにくい身体づくりのためにも、免疫細胞療法を検討してみてはいかがでしょうか。

トップ