トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 変形性股関節症における骨切り術とはどんな治療法?

変形性股関節症における骨切り術とはどんな治療法?

変形性股関節症において骨切り術という治療法がありますが、どのような治療法なのでしょうか?

変形性股関節症であれば誰でも骨切り術を行うのでしょうか?

ここでは変形性股関節症における骨切り術について紹介していきます。

変形性股関節症における骨切り術


変形性股関節症とは軟骨のすり減りにより、骨盤と大腿骨の隙間が狭くなることで痛みや動かしづらさを感じ、日常生活に支障をきたすこともある病気です。
 
変形性股関節症では、まずは保存療法を行い関節機能の悪化を防ぎます。しかし、保存療法を行っても症状の改善が見られない、さらに痛みが増して日常生活にも支障をきたすという場合は、骨切り術などの手術を検討することがあります。

骨切り術とは?

骨切り術は変形性股関節症における手術療法の1つで自分自身の股関節を温存できるものです。

人工関節を入れる手術療法に対し、骨切り術では比較的若く、関節がそれほど痛んでいない早期の段階に行われます。

骨切り術は股関節を形成する骨を手術によって切り取ったり、ずらすことにより軟骨の残っている部位で体重を受けるよう股関節の調整を行います。これにより負担が分散され、軟骨がすり減りにくくなります。

股関節は骨盤と大腿骨の2種の骨の組み合わせで成り立っているため、骨切り術も骨盤側を削る場合と大腿骨側を削る場合、その両方を削る場合があります。

骨盤側を削る手術を寛骨臼回転骨切り術と呼び、大腿骨を調整するものを大腿骨骨切り術と呼びます。

変形性股関節症における骨切り術のメリットとデメリット

変形性股関節症における骨切り術における最大のメリットは、自身の股関節を温存できる点です。大きな力が加わらなければ、日常生活や運動にも特に制限はありません。

一方で、骨切りした部分が治るまでは負担をかけることができないため、関節をすぐに動かすことができず、入院やリハビリ期間が長くなってしまうこともあります。

また、再度関節の軟骨がすり減って痛みが出るようになり再手術となる可能性もあります。そして、そのような場合には、人工関節手術を行うことも視野に入れる必要が出てきます。

骨切り術を行っても、軟骨のすり減りが元に戻るわけではないため、痛みを我慢したり、無理な運動をしてしまうと変形性股関節症はさらに悪化してしまいます。

変形性股関節症は定期的に受診し、状態の確認をしながら上手に付き合っていくことが重要です。
 

まとめ

変形性股関節症における骨切り術について紹介しました。

骨切り術は変形性股関節症の比較的早期の段階で、年齢も若い方が対象となる手術療法です。

しかし人工関節手術と比べ、リハビリに時間がかかり社会復帰に時間を要するため、その人のライフスタイルに応じてどちらの手術を行うか検討する必要があります。

現在では自身の細胞で軟骨損傷を修復する再生療法という治療も選択可能になっています。どうしても手術を避けたい、今までの治療で効果を感じることができなかったという場合には、この再生医療を検討してみるのも良いでしょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ