トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • リウマチの治療で生物学的製剤に期待できる効果とは?

リウマチの治療で生物学的製剤に期待できる効果とは?

関節リウマチに悩んでいる人はたくさんいると思いますが、現在では、リウマチの治療方法も進歩していて、現在の薬物療法では生物学的薬剤による治療も日本でおこなわれるようになりました。

リウマチに悩んでいる人のなかには、
・生物学的薬剤はどのような効果があるの?
・どれくらいの効果が期待できるのか知りたい
という方もいるでしょう。

今回は、リウマチの改善に期待できる生物学的薬剤の効果について解説します。

リウマチ治療で期待できる生物学的薬剤の効果


生物学的薬剤とは、科学的に合成されたものではなく、バイオテクノロジー技術を駆使して生体がつくる物質を薬剤として使用するものです。

2003年から日本でも使われるようになり、それまで使用されていた抗リウマチ薬では効果がなかった人にも効果があるなどリウマチの薬物療法の切り札的存在になっています。

現在、日本ではたくさんの種類の生物学的薬剤がありますが、患者さんの状態(基礎疾患があるか、高齢であるかどうかなど)を踏まえて医師が適切なものを使い分けることで、より高い効果が期待できます。

炎症を抑える効果

生物学的薬剤はリウマチによる炎症を抑える効果が期待できます。

リウマチは免疫の異常で体内の細胞や組織が攻撃されて炎症を起こし、腫れや痛みが生じます。

その際に、サイトカインという物質がたくさん分泌され、サイトカインが炎症を広げていって炎症が悪化していきます。

生物学的薬剤には、このサイトカインの働きを抑える効果が期待でき、炎症を抑制しリウマチの症状が悪化するのを抑えることに効果的です。

関節が破壊されるのを抑制

生物学的薬剤は、リウマチによって関節が破壊されていくのを抑制する効果が特に優れているのも大きな特徴です。

リウマチは、免疫の異常によって炎症が生じると関節の内側を覆っている滑膜が腫れあがってきて、関節や骨を破壊していってしまいますが、生物学的薬剤はこの破壊されるのを抑制する効果が期待できます。

また、破壊を抑制するだけでなく、破壊された関節や骨を修復する効果も期待できることもわかってきています。

ただし、破壊された関節や骨が完全に修復されるというわけではなく、既に完全に破壊されてしまった関節や骨には、効果が期待できません。

そのため、生物学的薬剤による治療は、できるだけ早めに開始するのがおすすめです。

まとめ

リウマチの治療方法として生物学的薬剤に期待できる効果について紹介しました。

生物学的薬剤は従来の抗リウマチ薬よりも高い効果が期待できます。

しかし、治療を受けるのが遅くなると期待するところまで回復することができないなど、思うような効果が期待できないこともあるので、我慢せずに早めに医療機関を受診するようにしましょう。

トップ