トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 運動すると風邪をひくのはなぜ?運動と風邪の関係を解説

運動すると風邪をひくのはなぜ?運動と風邪の関係を解説

世の中には「運動すると風邪をひく」ことに悩んでいる人も少なくありません。

運動は健康に良さそうなイメージがありますが、実は運動と風邪のひきやすさには密接な関係があります。

今回は、運動すると風邪をひく原因について解説します。

運動すると風邪をひく理由は?


運動すると風邪をひくのは、「激しい運動をしている」ことが原因であると考えられます。

運動は、実は少なからず体に「ストレス」を与えてしまい、ストレスは免疫力を低下させる原因の1つです。

実際に行われた研究の結果、運動の強度が激しいほどに免疫力が低下してしまうことがわかっています。

免疫力とは簡単に言えば「病気になりにくさ」のことであり、風邪のような感染症は免疫力の高さによってなりやすさが大きく左右されるのです。

つまり、運動すると風邪をひく人というのは、日ごろから自身にとって激しいレベルの運動をしているということになるのです。

適度な運動は免疫力を高める

運動すると風邪をひくのであれば「運動しなければいい」と思われるかもしれませんが、実はそれは大きな間違いです。

運動は運動でも「適度な運動」を心がければ、むしろ免疫力は高まり、風邪をひきにくい体作りに寄与します。

同じく過去の研究結果において、運動頻度と風邪の関係について調べた結果、運動日数が多いほど風邪をひく日数も少なく重症度が低いという結果になっているのです。

ここで重要なのは「適度な運動が、どんな運動なのか?」ということでしょう。

これについては個人差がりますので一概には言えませんが、無理のないレベルの有酸素運動(ウォーキングやランニングなど)を継続するのが、一般的に適度な運動であるとされています。

もし、運動することで精神的にもストレスを感じているのであれば、それは適度な運動の水準を超えている可能性が高いです

免疫力を高めるためには運動日数も少なからず関係するため、無理なく継続できる程度の運動を心がけ、少しずつ日数や1回あたりの運動時間などのレベルを上げていくことをおすすめします。

免疫細胞療法でより積極的に免疫力を高める

運動すると風邪をひくことについては、免疫力や運動能力などの個人差があります。

そのため一概には言えませんが、やはり日常生活にも支障をきたす可能性が高いのではないでしょうか。

適度な運動を無理なく継続するためにも、基本的な免疫力を高めることは重要なことです。

それに寄与するのが、免疫細胞を培養して体内に戻すことで免疫力を高められる「免疫細胞療法」です。

「がん」のリスクを下げる効果も期待されており、運動すると風邪をひく人にとっては「生活の質」を高めるのに大きく寄与するのではないでしょうか。

まとめ

運動すると風邪をひくのは、激しい運動をしている可能性が高いですが、軽度な運動でも風邪をひいてしまうのであれば基本的な免疫力が低下していることが疑われます。

さまざまな方法で免疫力を高められますが、より積極的に免疫力を改善したいのであれば免疫細胞療法を受けるという方法もあります。

免疫力を高めたい人は、免疫細胞療法を検討してみてはいかがでしょうか。

トップ