トピックスtopics

風邪をひきにくい体作りに役立つ4つの方法

「風邪をひきやすい」と悩んでいる人がいますが、風邪をひくと生活に支障をきたすだけでなく、時には命に関わる症状に苦しめられる可能性もあります。

そこで今回は、「風邪をひきにくい体作り」に役立つ4つの方法について解説します。

1.風邪をひきにくい体作りに必要な食生活


風邪をひきにくい体作りのためには「食事」に注目するのがおすすめの方法の1つになります。

風邪をひきにくい体作りには「免疫力を高める」ことが重要なのです。

基本的にバランスの良い食事を心がけてもらうとして、さらに免疫力を高めるためには以下の食べ物を積極的に食べることをおすすめします。

・発酵食品
・きのこ
・フルーツ
・野菜
・緑茶

2.風邪をひきにくい体作りに必要な運動

風邪をひきにくい体作りのためには「適度な運動」を習慣づけることも重要です。

運動は血行を促進して体を温め、ストレスを発散することで免疫力を高めることができます。

ただし、あくまでも「適度な運動」を心がけるようにして、「激しい運動」は避けるようにしてください。

無理のない有酸素運動を中心に、継続することを前提として運動を始めてみましょう。

3.風邪をひきにくい体作りに必要な生活習慣

風邪をひきにくい体作りには、食事や運動だけでなく、さまざまな生活習慣の改善も必要になります。

以下の生活習慣は免疫力を高める可能性があるため、問題があれば可能な限り改善してください。
・睡眠不足を解消する
・生活リズムを一定に保つ
・ストレスを溜めこまない
・疲労を溜めこまない
・過度な飲酒と喫煙を控える
・体を冷やし過ぎない

4.風邪をひきにくい体作りには「免疫細胞療法」もおすすめ!

風邪をひきにくい体作りのためには生活の中でさまざまな改善点を見出すことができますが、必ずしもすべての人が上記の改善を実行することで免疫力を十分に高められるわけではありません。

また、生活スタイルの都合上どうしても改善できないポイントも少なからず存在するでしょうし、もっと積極的に免疫力を高める方法を実践したいという需要もあると思います。

そんな人におすすめなのが「免疫細胞療法」です。

免疫細胞療法は、患者さんの体内から取り出した(基本は採血)免疫機能に関わる細胞を培養し、これを体内に戻すことによって患者さんの免疫力を高めます。

免疫細胞療法は、風邪などの感染症リスクを低下させると同時に「がん」の予防にも役立つとされています。

まとめ

風邪をひきにくい体作りのためには免疫力を高めることが重要です。また、食事や運動、生活習慣の改善で免疫力を高められる可能性があります。

もっと積極的に免疫力を高め、病気に負けない体作りを目指すのであれば、免疫細胞療法もおすすめです。

トップ