トピックスtopics

五十肩で寝る時痛い!どうにかならない?

五十肩になると、肩が動かしにくい、痛いなど、いろいろとつらい思いをしますが、なかでもつらいのが寝る時痛いことですよね。

「寝る時に痛くてなかなか寝付けない」「寝ていても痛みで目が覚めてしまう」ということで、寝不足の日々が続いてしまうと日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は、五十肩で寝る時痛い理由や、寝る時の痛みへの対処法について紹介します。

五十肩で寝る時痛いのはなぜ?


五十肩になると、肩や腕を動かした時に強い痛みが出てきますが、何も動かしていない時にも痛みが出ることもあります。

また、寝る時に痛みが出たり、寝たのに痛みで目が覚めてしまったりすることもあります。

この寝る時痛い状態は「夜間痛」と言われています。

腕や肩を動かすわけでもないのに五十肩で寝る時痛い理由は、肩甲骨と肩関節の角度が関係しています。

人の腕は肩甲骨と肩関節が繋がっていますが、両手を横に自然に広げた状態を真上から見ると腕は一直線ではなく楕円形のような形になります。

そのため、平らな床に横になると肩は本来床から少し浮いている位置にあるので、何もしなくても重力で肩が床の方に押され、肩関節に負荷がかかります。

この負荷は五十肩ではない人にもかかっていますが、痛みが出るほどではない負荷なので特に気になりません。

しかし、五十肩になって肩関節が硬くなったり、収縮していたりすると大きな負荷がかかり、痛みが生じるのです。

五十肩で寝る時痛い場合は安静が一番

五十肩で寝る時痛いとなかなか眠ることができず、本当につらいものです。

そのため、何とか夜間痛を何とかしようと思って、痛みを我慢してストレッチをしたり、肩を回したりしたりする人もいるかもしれません。

しかし、夜寝る時痛い場合、無理に動かすと悪化してしまいます。

強い痛みや夜間痛が出ている時期は急性期です。

一定の期間が経って急性期から慢性期と言われる時期になると夜間痛は次第に和らいでくるので、それまではできるだけ動かさずに安静にしておくべきです。

寝る時痛い五十肩の対処法

五十肩で寝る時痛い場合は、枕やタオル、クッションなどを使って肩や肘にできるだけ負担がかからない体勢をつくることで、痛みを和らげることができます。

仰向けに寝る時は、肩が重力で床の方に押されて負荷がかかるのを軽減するために、肩や肘の下に枕、タオル、クッションなどを敷いて高さをつくるのがおすすめです。

いろいろと試して自分なりの楽な高さを見つけましょう。

まとめ

五十肩で寝る時痛い理由や、寝る時痛い時期の対策について紹介しました。

五十肩の夜間痛は、寝不足の原因となるため肉体的にも精神的にも非常につらいものです。

しかし、急性期が過ぎると痛みも和らいできます。それまで安静にし、寝る時の体勢も工夫して夜間痛の時期を乗り越えましょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ