トピックスtopics

五十肩を1日で治す方法ってあるの?

痛みが生じたり、腕や肩を思うように動かせなくなったりする五十肩は、生活に支障をきたしてしまうので、少しでも早く治したいと誰もが思うでしょう。

できれば、1日で五十肩を治す方法を知りたい!と思う方も少なくないと思います。

そこで当記事では、五十肩を1日で治す方法はあるのかについて紹介します。

五十肩を1日で治す方法はある?

五十肩を1日で治す方法があるかどうかについてですが、結論から言えば、五十肩を1日で治す方法はありません。

軽い症状であれば、1日安静にしていたり、治療を受けたりすることで症状が落ち着くことはありますが、それはあくまで一時的なもので、治ったわけではありません。

五十肩が治るまでの期間は個人差がありますが、半年から1年くらいかかるのが一般的です。

また、症状が重度の場合は数年経っても痛みがとれないというケースもあります。

五十肩は動かした方が早く治る?


五十肩を1日で治す方法はなく、治るまでは時間がかかることを紹介しましたが、それでもできるだけ早めに治したいと誰もが思うでしょう。

そして五十肩は、痛みを我慢してでも動かした方が早く治るのではと思う人もいるかもしれません。

しかし、五十肩には炎症期、拘縮期、回復期という病期があって、強い痛みが出る時期の炎症期には無理に動かすと痛みが強くなったり、回復するまでの期間が長くなったりしてしまいます。

五十肩の治療はその時の症状に適した治療をおこなっていく必要があるので、少しでも早く治したいのであれば、自己判断せずに医師など専門家に相談することが大切です。

再生医療なら早期回復が可能

五十肩を1日で治す方法ではありませんが、早期回復を目指すのであれば再生医療による治療もおすすめです。

再生医療のPRP(多血小板血漿)は、血小板の修復作用を利用した治療法で、患部に注入する濃縮した血小板(PRP)の自然治癒能力で五十肩を回復していきます。

治療が簡単で身体への負担が少ないことや、自分の血液から採取した血小板を使用するので安全性が非常に高いという特徴がある他に、回復の速さが通常の治療の2倍以上を期待することができるという特徴があります。

まとめ

五十肩を1日で治す方法があるのかについて紹介しました。

紹介したように、五十肩を1日で治すという方法はなく、治療をおこなったとしても回復するにはある程度の期間が必要になります。ま

た、症状が重度になればなるほど、回復するための期間も長くなってしまうので、症状が軽いうちに早めに医療機関で相談するようにしましょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ