トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 「おでこのしわ」は消せるのか?しわの解消法をタイプ別に解説!

「おでこのしわ」は消せるのか?しわの解消法をタイプ別に解説!

おでこにしわが1本あるだけで、老け顔になってしまいますよね。せっかくのメイクもしわのせいで台無しです。

しかし、年齢や生活習慣によってどうしてもおでこにしわはできてしまいますし、「しわ」と言っても原因によりさまざまなタイプがあり、しわが深ければ消すのも難しいです。

そこで今回は、タイプ別におでこのしわを解消する方法を紹介します。

おでこのしわを解消する方法


おでこのしわは、完全に解消することは難しいかもしれません。しかし、対策をすることで深く刻まれてしまうのを予防できますし、少しずつでも薄くする効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

乾燥によるおでこのしわを解消する方法(乾燥じわ)

「乾燥じわ」は、肌の水分不足が原因で発生します。

空気が乾燥した季節や冷暖房のせいで、皮膚の水分が奪われると小じわやちりめんジワが生じます。特に敏感肌の方は、肌のバリア機能の低下から乾燥じわができやすいタイプです。

浅いしわの場合は、入浴後、肌が水分を含むことで消えてしまうこともあります。つまり、浅いしわなら保湿をしっかりすれば、乾燥じわを解消することは可能です。

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどが配合された保湿化粧品が有効です。洗顔の際も肌に負担を与えないように、優しく丁寧に洗ってください。また、こまめに水を飲むのも肌の保湿には効果が期待できます。

表情によるおでこのしわを解消する方法(表情じわ)

普段はしわがないのに、大きく目を見開いたり笑ったりしたときだけに現れるのが「表情じわ」です。

表情が豊かな方に多くみられ、目を開けるときにおでこの筋肉を使う癖があると、子どもの頃からおでこにしわが出やすくなります。
繰り返していると深いしわが刻まれてしまうので、セルフケアで解消することは難しいかもしれません。

日頃から眉毛を吊り上げないように目を開けることを習慣付け、マッサージや顔の筋トレで、しわを伸ばすようにしてみてください。

加齢によるおでこのしわを解消する方法(加齢じわ)

年齢とともに現れる「加齢じわ」は、年齢による筋肉の衰えや、重力の影響もありますが、長年紫外線を浴びてきたことによる光老化が主な原因です。紫外線が肌の内部のコラーゲンを破壊しハリが失われ、しわやたるみを引き起こします。

そのため、紫外線対策は1年中必要です。

朝起きて顔を洗ったら、毎日日焼け止めクリームを塗りましょう。若い頃から紫外線対策を徹底している方は、何歳になってもしみやしわの少ない美しい肌をキープしています。外出時には日傘や帽子を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

おでこのしわには、原因によるタイプがあり、それぞれ対処法が異なります。

当記事で紹介した対処法を行い、おでこのしわの解消を目指しましょう。

深く刻まれてしまったしわは、セルフケアでの解消は難しいです。そのような場合は、幹細胞を用いた肌の再生医療が効果的です。しわだけでなく、シミやたるみなどにも効果が期待でき、肌の若々しさを取り戻したい人におすすめの治療法です。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ