トピックスtopics

前頭部の髪の密度が低下する理由とは

「最近頭皮か透けて見えるようになった」「髪のボリュームが減った気がする」という人は髪の密度が低下しています。放っておくとさらに密度が低下していってしまうので、早めに対策をとることが大切です。

ここでは、前頭部の髪の密度が低下する理由について解説します。

前頭部の髪の密度が低下する理由


前頭部などの髪の密度が低下してしまう理由は、ヘアサイクルの乱れによって太くて長い毛髪を育てる期間が短くなっているからです。

毛髪にはヘアサイクル(毛周期)と言われるものがあって、強く太い毛髪を作り出す成長期、成長が止まる退行期、成長が止まった毛髪が抜け落ちる休止期を繰り返しています。

しかし、AGA(男性型脱毛症)の原因と言われるDHTという男性ホルモンが増加することや、食生活、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因でヘアサイクルが乱れると、成長期の期間が短くなります。

結果、細く弱々しい毛髪しか育たなくなってしまうため、髪の密度が低下して薄毛が目立つようになります。

ヘアサイクルが乱れているかどうかをチェックするには?

前頭部などの髪の密度が低下している人は、ヘアサイクルが乱れてしまっている可能性が高いですが、ヘアサイクルが乱れてしまっているかどうかは抜け毛をチェックすることでも知ることができます。

ヘアサイクルが正常な状態の抜け毛であれば毛根の部分が白く丸みを帯びていますが、毛根が黒い場合や、丸みがなく細くなっている場合、縮れている場合などは、ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

前頭部の髪の密度が低下するのは遺伝なの?

前頭部の髪の密度が低下している人のなかには親も同じように薄毛だという人もいると思います。そのため、髪の密度が低下するのは遺伝なのだろうと考える人もいるでしょう。

たしかに、髪の密度が低下するAGAはヘアサイクルが乱れて細くて短い毛髪しか育たなくなってしまっているのが原因です。そして、ヘアサイクルを乱す主な原因となるのがDHTという男性ホルモンなので、男性ホルモンのバランスが遺伝するという意味では、親の影響を受ける可能性があると言えます。

しかし、あくまで薄毛になりやすい要因を引き継いでいるというだけで、遺伝で絶対に薄毛になるわけではありません。

ですから、遺伝以外でヘアサイクルを乱す原因となりうる生活習慣の乱れや、食生活の乱れ、間違ったヘアケアなどを改善していくことが大切です。

まとめ

前頭部などの髪の密度が低下する理由、ヘアサイクルが乱れているかどうかを確かめる抜け毛のチェックポイントなどについて解説しました。

髪の密度の低下や抜け毛が気になる人は、自分でケアすることも大切ですが、医療機関で薄毛に関するプロに相談するのもおすすめです。

近年では薄毛の相談をできるところも増えてきていますし、治療方法も増えてきているので、まずは気軽に相談してみましょう。

毛髪の再生医療も、大きな注目を集めていますよ。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ