トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 足首の捻挫は治らないの?一度発生すると繰り返すって本当?

足首の捻挫は治らないの?一度発生すると繰り返すって本当?


スポーツ障害の中でも多く発生するのが足首の捻挫です。また、捻挫はスポーツをしない人でも、日常生活の中で起こりうるケガの1つです。

そして、足首の捻挫は一度発生すると繰り返す、治らないと不安になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、今回は足首の捻挫は治らないのか?本当に繰り返しやすいケガなのかどうかについて解説します。

足首の捻挫は治らない!?そもそも捻挫とはどのようなケガなの?


足首は歩くとき、スポーツをする時などに重要な役割を果たします。スポーツ医療で足首の捻挫は多く取り扱われていますが、階段を上るときや歩いているときなどでも捻挫を起こすことはあります。

捻挫とは関節に力が加わり、関節包や靭帯が損傷した状態のことです。足首の関節は体を支え、歩行に不可欠な部分なのでさまざまな場面で力が加わります。

足首の捻挫の中でも損傷しやすいのが外くるぶしの前方にある前距腓靭帯です。足関節を包む関節包と連続しているので、靭帯の損傷によって足関節の腫れや内出血が見られることがあります。

足首の捻挫は治らないのか?

足首の捻挫は治らないと不安に思う人もいるでしょう。

確かに、一度捻挫をすると繰り返すことがあります。特に、受傷してから早期に治療をしなければ、痛みや不安定さが残ってしまい、捻挫を繰り返してしまう状況になりやすいです。

そのため、捻挫はしっかりと治すことが大切です。

足首の捻挫が治らないときは手術という選択肢も

骨に異常がなく、1か月ほどの捻挫の治療を経ても足首の不安定さがあると手術を検討します。断裂した靭帯を修復する手術です。近年では内視鏡下での手術が可能になり傷や治療期間が短縮されてきています。

足首の捻挫は繰り返す人もいます。また捻挫をしてから長期間経過してからだと靭帯を縫い合わせる修復術ができないこともあります。慢性的な足首の痛みがあり、足首に不安定さがある場合は膝などの靭帯を足首に移植する、再建術というものを行います。

この場合は修復術よりも大掛かりな手術になり、治療やリハビリ期間も長くなるでしょう。

足首の捻挫を治す新たな治療法もある!

足首の捻挫は治療に3週間から3か月かかります。靭帯の損傷の程度にもよりますが、スポーツをする人にとっては長い期間に感じることでしょう。

放っておくと歩きにくさや捻挫を繰り返すなど、治らないものとなってしまうのも足首の捻挫の恐ろしいところです。

そんな足首の捻挫の治療期間を短縮できる治療法として、再生医療が注目されています。

再生医療は、自分の幹細胞を注射し、損傷した靭帯を修復させるという方法です。自分の幹細胞を用いるので副作用や後遺症が残りにくく、治療期間の短縮が期待できます。

これまで足首の捻挫が治らない場合は手術という方法が検討されていましたが、再生医療の登場によって、新たな治療の可能性が広がっているのです。

まとめ

足首の捻挫はスポーツだけでなく日常生活の中でも起こりうるものです。足首の捻挫は靭帯の損傷で、受傷初期に治療を行わなければ歩きにくさや足首の不安定さが残り、治らないという状況になることがあります。

治らない足首の捻挫には手術が検討されてきましたが、近年は、治療期間を短縮し早期にスポーツ復帰が期待できる再生医療が注目されています。

トップ