トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • どうして「おでこのしわ」はできるの?原因を解説します

どうして「おでこのしわ」はできるの?原因を解説します

おでこのしわが気になるのはイヤですよね。

「同じ年頃のあの人のおでこにはしわがないのに、どうして私のおでこにはしわができるの?」などと、他の人と比べてしまうこともあります。

しかし、おでこにしわができる原因が分かれば、しわの予防もできますし、できてしまったしわの対策を立てることができるので、悩みの改善に役立つでしょう。

そこで今回は、おでこにしわができる原因を解説します。

おでこのしわの原因は3つ!


おでこのしわの原因は、頭皮のたるみ、紫外線、乾燥が挙げられます。1つずつ、詳しく見ていきましょう。

頭皮のたるみ

頭皮も顔も同じ皮膚でつながっていて、年齢とともに頭皮のコラーゲンが減少し、ハリや弾力が失われるようになります。

そして、頭皮の筋力も低下するので皮膚を支える力が無くなり、頭皮のたるみが起こるのです。

頭皮がたるむと皮膚が下がって顔のしわの原因になります。頭皮に近いおでこは影響を受けやすいため、しわができやすくなっている可能性があります。

髪の分け目をいつも同じにすることや、髪をゴムできつくしばることも、頭皮のたるみにつながるので注意が必要です。

紫外線

紫外線は肌に大きな影響を与えています。

シミが出やすい目のまわりには日焼け止めをていねいに塗りますよね。おでこにも日焼け止めを塗っていますか?

紫外線は、シミだけではなく、しわの原因にもなります。特に紫外線A波は肌の奥にまで入り込んで真皮を傷つけ、おでこのしわやたるみを作ってしまうのです。

紫外線が降り注ぐのは夏だけではありません。家の中にいてもガラスを通して入ってきます。私たちは1年中どこにいても、しわの原因になる紫外線にさらされているのです。

乾燥

現代は冷暖房設備のおかげで、室内にいれば快適な温度で過ごすことができます。そして、室内は過ごしやすい温度に設定されていますが、湿度の方はどうでしょうか。どちらかと言えば空調のせいで乾燥しているように感じます。

乾燥は肌にとって過酷な状態です。皮膚の表面の水分が不足するとしわができやすくなるからです。特に冬は空気が乾燥するため、他の季節なら問題のない人でも乾燥じわができやすくなります。

まとめ

おでこにしわができるのは、主に年齢のせいだと思われがちですが、原因はそれだけではありません。頭皮のたるみ、紫外線、乾燥なども、おでこにしわができる原因です。

そのため、おでこのしわを防ぐためには、スキンケアだけではなく肌をダメージから守る必要があります。普段から、おでこのケアも忘れずに行ってみてくださいね。

どうしてもおでこのしわが気になる、自分で行うケアでは改善できずに悩んでいるという方は、肌の再生医療を受けてみるという方法もあります。

再生医療は安全が認められた治療法で、肌の若返りを目指せる最先端の医療です。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ