トピックスtopics

頭頂部の薄毛で悩む20代が多いって本当?

薄毛の悩みといえば、早い人でも30代後半から、多くは40代から50代くらいになってからというイメージがあるかもしれません。しかし、20代でもAGAを発症し、頭頂部の薄毛で悩んでいる人は少なくありません。

20代という若い年代で薄毛になってしまうのには、いろいろな原因が考えられます。

そこで今回は、20代で頭頂部の薄毛になる原因について紹介します。

20代で頭頂部が薄毛になる原因


頭頂部などが薄毛になるAGA(男性型脱毛症)の主な原因は悪玉の男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が増えることと言われています。

しかし、20代という若い年代のうちから薄毛になってしまう場合は、DHTの増加以外にも生活習慣の乱れやストレス、飲酒や喫煙が原因につながっている可能性が高いです。

生活習慣

生活習慣のなかでも20代の人が乱れやすいのが食生活と睡眠です。

20代になって社会人になり、親元を離れ自分で食事の管理をするようになる人も多いと思いますが、自分が好きなものだけ食べたり、外食が増えたりすると、栄養バランスが偏りがちです。

このように食生活が乱れてしまうと、健康的な毛髪を育てるために必要な栄養が不足してしまいます。

また、20代で新社会人になると仕事や交友などに時間を割いて睡眠時間が不足になってしまいがちです。

健康的な毛髪を育てるためには成長ホルモンの分泌が欠かせませんが、睡眠不足が続くと成長ホルモンがじゅうぶんに分泌されなくなるため薄毛につながります。

ストレス

20代で社会人になると、就職、引越し、結婚など、これまでの生活環境が大きく変化するケースが増えてきます。そういったなかで、ストレスが溜まっていく人も少なくないでしょう。

ストレスが溜まった状態が続くと自律神経のバランスが乱れてしまい、血管が収縮して血液の流れが悪くなってしまいます。

血液の流れが悪くなると、頭皮や毛髪に必要な酸素や栄養がじゅうぶんに送られなくなってしまうので、AGAを発症し、頭頂部などが薄毛になってしまうことがあります。

飲酒や喫煙

20代になるとお酒やタバコが解禁になりますが、解禁されたことでお酒をたくさん飲んだりタバコを吸ったりするのが習慣になる人もいると思います。

しかし、タバコはニコチンによって血管が収縮して血液の流れが悪くなりますし、アルコールはAGAの原因となるDHTを増加させたり、タンパク質の合成を妨げたりするため、頭頂部などの薄毛の原因につながってしまいます。

まとめ

頭頂部の薄毛で悩んでいるのは、中高年の人だけでなく、20代など若い人も多いです。

今回は、20代という若さで薄毛になる原因について紹介しました。

AGAは放置しておくと徐々に進行していってしまいます。「抜け毛が増えた気がする」「薄毛になった気がする」と少しでも気になる人は早めの対策が必要です。

薄毛の対策法としてはいろいろありますが、毛髪の再生医療という高い効果が期待できる方法もあります。詳しくは、専門のクリニックでご相談ください。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ