トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 頭頂部の分け目が薄くなる原因や対策法を解説します!

頭頂部の分け目が薄くなる原因や対策法を解説します!

人の見た目の印象は毛髪によって大きく変わりますが、頭頂部の分け目が薄くなると老けた印象や貧相な印象を与えてしまいがちです。

そして、「分け目の部分が薄くなってきた気がする」ということで悩んでいる人はたくさんいると思います。

そこで今回は、頭頂部の分け目が薄くなる原因や対策法について解説します。

頭頂部の分け目が薄くなる原因とは?


前頭部の分け目の部分の頭皮は負担がかかりやすい部分であり、頭皮環境が悪化しやすい部分です。そのため、頭頂部の分け目は薄毛になりやすいのです。

例えば、分け目の部分は毛髪やスタイリング剤の重さによって引っ張られて負担がかかります。

その状態で帽子をかぶったり、髪の毛を触ったり、結んだりするとさらに引っ張られて負担がかかります。

また、分け目の部分は頭皮が剥き出しになっているため、ドライヤーの熱や紫外線などが直接当たってしまうため、ダメージを受けやすいです。

このようなダメージが長期間積み重なっていくと大きなダメージを受けてしまうことになり、頭皮環境が悪化して薄毛の原因につながります。

AGAによって毛髪が細くなることも薄毛の原因

毛髪は生えて抜けるというサイクルを繰り返しています。この繰り返しをヘアサイクルまたは毛周期といいます。

AGA(男性型脱毛症)の人は男性ホルモンの作用によって、このヘアサイクルが乱れてしまい、毛髪が成長する期間(成長期)が短くなることで太い毛が育たなくなってしまいます。

そうなることで、頭頂部の分け目付近の毛髪が短くて細い毛しか生えなくなり、分け目の部分の地肌が見えやすくなって、薄毛が目立つようになります。

頭頂部の分け目が薄くなるのを防ぐ対策法

前頭部の分け目の薄毛の予防や悪化を防ぐためには、分け目の頭皮の部分にできるだけ負担がかからないようにすることが大切です。

例えば、常に同じ髪形で分け目がいつも同じという人は、分け目の部分の頭皮に負担がかかりやすいので、分け目の位置を変えるとよいでしょう。

そうすることで頭皮への負担を分散させることができます。

また、髪を結んでいる人は結んでいる時間をできるだけ減らしたり、結ぶ必要のない髪形にしたりすることで、分け目にかかる負担を減らすことができます。

さらに、紫外線対策をおこない、なるべく頭皮にダメージを受けないように意識しましょう。紫外線は日差しが強い日だけではなく曇った日、雨の日でも降り注いでいるので、常に意識することが大切です。

まとめ

頭頂部の分け目の薄毛の原因や対策について紹介しました。

頭頂部の分け目の頭皮はいろいろなことが原因でダメージを受けやすい部分になるので、なるべくダメージを与えないようにすることが大切です。

また、自分のケアだけで改善できない場合は、医療機関に相談してみることをおすすめします。

薄毛を治療する医療機関は数多くありますが、近年は、毛髪の再生医療に注目が集まっています。

再生医療(PRP)であれば、安全で高い効果が期待できます。頭頂部の分け目が薄い…など、毛髪に悩みがある方は、毛髪の再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ