トピックスtopics

足底腱膜炎にステロイド注射は効果的?

足底腱膜炎の治療法はいろいろありますが、その1つにステロイド注射による治療もあります。

今回は、足底腱膜炎の治療でおこなわれるステロイド注射について紹介します。

足底腱膜炎でステロイド注射が検討されるケース


足底腱膜炎の治療は、足の裏への負担を減らすためにインソール装着やストレッチ、筋力訓練をおこなったり、湿布や内服薬などを使用したりするところから始まるのが一般的です。

足底腱膜炎の状態が軽度であれば、こうした治療を受けながら安静にしておくことで、徐々に回復していくケースが多いです。

しかし、こうした治療をおこなって長期間が経っても改善しない場合や、生活に支障が出るほど痛みが強い場合などに、ステロイド注射による治療が検討されます。

ステロイド注射とは

ステロイド注射という言葉は耳にしたことはあるけど、具体的にどういったものかよくわからないという人もいると思いますので、ここでご紹介しますね。

ステロイド注射とは免疫を弱めたり、アレルギー反応や炎症を抑えたりする薬を注射で体内に注入する治療法です。

この薬の元になっているのは人の体内で作られるホルモンで、副腎皮質でつくられたホルモンのなかの糖質コルチコイドが用いられるため、副腎皮質ステロイド、コルチコステロイドとも言われます。

ステロイドというと副作用が強いというイメージがあるかもしれません。

しかし、反応に注意し、適切に使用されれば問題ありません。

ステロイド注射で足底腱膜炎は治る?

足底腱膜炎の治療でおこなわれるステロイド注射は、足底腱膜の炎症を抑えることで痛みを緩和させるというものです。

ステロイド注射をおこなうことで、非ステロイド系の湿布や内服薬などを使用しても改善できなかった痛みが緩和するケースがあります。

しかし、ステロイド注射の効果があったからといって繰り返しステロイド注射をおこなっていると段々と効かなくなってしまったり、腱膜や踵の下にある脂肪体が損傷してしまったりする可能性があるので、回数が制限されるケースがほとんどです。

まとめ

足底腱膜炎の治療でおこなわれるステロイド注射について紹介しました。ステロイド注射をおこなうかどうかは、足底腱膜炎の状態をしっかりと見極める必要があります。

また、ステロイド注射で改善が見られない場合でも、現在のスポーツ医療では手術以外にも、自分の細胞を使用した再生医療などの治療法があります。

まずは、専門医に相談し、自分に合った治療法を見るけることが大切です。

トップ