トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 筋断裂は背中にも起きる!?原因や予防法について解説

筋断裂は背中にも起きる!?原因や予防法について解説


筋断裂(肉離れ)というと太ももやふくらはぎを思い浮べる人も多いと思いますが、背中に起きることもあることをご存じでしょうか?

背中に筋断裂起きる原因はいろいろありますが、原因を知り、原因となっているものを取り除くことで予防につなげることができます。

そこで今回は、背中に筋断裂が起こりやすいシーンや、筋断裂が起こる原因、筋断裂の予防法などについて紹介します。

背中に筋断裂が起こるシーンとは?


背中に筋断裂が起こるシーンで多いのがスポーツをしている時です。

特にコンタクトの激しいスポーツで背中に衝撃を受けた時や、ゴルフ、野球、テニスのように腕を使って捻りの動作をおこなう時などに筋断裂は起こりやすいです。

また、深呼吸、くしゃみ、咳、伸びをした瞬間や、上着を着ようとした時のように日常生活のちょっとしたことでも筋断裂が起こってしまうことがあります。

背中の筋断裂が起こりやすくなる原因

背中に筋断裂が起きやすくなる主な原因は筋肉の硬化や疲労、筋力の低下、筋力バランスの乱れなどです。

こうした原因の元になるものは、日常生活の中にもたくさんあります。

例えば運動不足は筋力の低下につながりますし、スポーツや重労働などは筋肉の疲労につながります。

また、背中の冷え、同じ姿勢のまま長時間過ごす、猫背など姿勢の悪さなどは、筋肉の硬化や筋肉バランスの乱れにつながり、背中の筋断裂が起こりやすくなるのです。

背中の筋断裂を起こさないようにするための予防法

背中の筋断裂を起こさないようにするためには、原因につながる生活習慣を改善していくことが大切です。

運動不足で筋力が低下してしまっている人は、筋力トレーニングをおこなうのがおすすめです。特に背中の筋肉は鍛えにくい部分でもあるので、意識して背中の筋肉を使ったトレーニングをおこなっていきましょう。

長時間パソコンを使用するという人は、30分に1度くらいは小休止をとって身体を動かしたり姿勢を変えたりして、長時間同じ姿勢で過ごさないようにしましょう。また、スマホを長時間操作する人も小休止をとり、操作している時の姿勢も意識しましょう。

また、スポーツや重労働などで疲労が溜まっている時は身体を休める時間を設けることが大切ですし、ストレッチなどでしっかりとケアしていくことも大切です。

まとめ

背中に筋断裂が起こりやすいシーンや筋断裂の原因、筋断裂の予防法について紹介しました。

運動不足や長時間同じ姿勢で過ごすなど、筋断裂が起こりやすくなる原因になる生活習慣を送っている人は、おもいのほか多いのではないでしょうか。

筋断裂を起こし、痛みや動きの制限などで苦しまないためにも、自分の生活習慣を振り返って、改善を目指してみてくださいね。

トップ