トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • インフルエンザの予防接種を受けられないのはどんなとき?

インフルエンザの予防接種を受けられないのはどんなとき?


インフルエンザは12月〜3月ごろに流行する感染症です。5歳未満の幼児は重症化することも多く、65歳以上の高齢者は肺炎の心配があります。そのため、予防接種を受けることが推奨されており、たくさんの人が毎年予防接種を受けています。

しかし、誰もがインフルエンザの予防接種を受けられるというわけではありません。

今回は、予防接種を受けられない場合や医師に相談した方がいい場合、予防接種以外のインフルエンザ予防法をご紹介します。

インフルエンザの予防接種が受けられない場合とは?


以下に該当する方は予防接種が受けられません。

・37℃以上の熱がある
・急性疾患にかかっている
・予防接種によりアナフィラキシーショックを起こした経験がある
・インフルエンザの予防接種でアレルギー症状が出たことがある
・はしか、風疹、水疱瘡、おたふくかぜが治ってから4週間以内である

また、予防接種後には、接種場所のはれや痛み、発熱、倦怠感、頭痛などの症状が現れることがあります。非常にまれですが、かゆみ、じんましん、呼吸困難などの重いアレルギー反応が起こることもあるため、もし、症状が出た場合は速やかに医師の診断を受けてください。

インフルエンザの予防接種を受ける前に医師に相談が必要な場合

基礎疾患をお持ちの方は、病気の状態が悪化することも考えられます、主治医とよく相談することが望ましいです。

・心臓病、肝臓病、腎臓病などの持病がある
・風邪をひいている(ひきはじめを含む)
・アレルギーを起こす可能性がある
・けいれんを起こしたことがある
・免疫不全と診断されている
・気管支ぜんそくがある
・妊娠の可能性のある

予防接種以外でインフルエンザを予防する方法とは?

インフルエンザの予防接種は効果が期待できる予防法ですが、風邪をひいて熱を出したというような場合は、受けることができません。

そもそもカゼをひきやすいのも、毎年インフルエンザにかかってしまうのも、免疫力が低下しているためです。また、免疫が低下した状態でインフルエンザにかかると、重症化する可能性があり、とても危険です。

そこで、予防接種以外でインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

それは、免疫細胞療法です。

免疫細胞療法で免疫力をアップさせ、病気を寄せ付けない体を目指してみませんか?

免疫細胞療法は、ご自身の細胞を利用して免疫システムを強化し、感染症やアレルギーを予防する治療法です。副作用やアレルギーなどのリスクも少ないため、検討してみる価値があります。

まとめ

インフルエンザの心配をせずに、冬を乗り越え春を迎えたいものですよね。

流行し始める前に予防接種を受けておくことは、とても有効な手段です。しかし、予防接種を受けられない場合もあるので注意が必要です。

当記事では、予防接種ではなく、免疫細胞療法で免疫力を高めインフルエンザを予防する方法をご紹介しました。

インフルエンザの予防には、免疫力アップが欠かせません。普段から健康管理に注意して、病気に負けない体づくりを心がけましょう。

トップ