トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 指が痛くてお箸も持てない!腱鞘炎は「治る?」「治らない?」

指が痛くてお箸も持てない!腱鞘炎は「治る?」「治らない?」

「お箸も持てない」「ドアノブもつかめない」など、手の腱鞘炎の痛みで悩んでいる人はいませんか?

腱鞘炎になると手首や手の指に激痛が走り、日常生活にも支障を来たしてしまいます。このまま痛みが続いたらどうしようかと心配になりますよね。

しかし、腱鞘炎は適切に対応すれば、早期の回復も可能です。腱鞘炎の症状と原因、治療法について解説します。

腱鞘炎は治らない!?腱鞘炎の原因とは?


腱鞘炎は指を動かし過ぎるために、トンネル状の腱鞘が炎症のために厚くなることや、腱鞘の中を通っているロープ状の腱が腫れることで起きています。

以前は楽器の演奏者、プロスポーツ選手、作家などの職業病とされていましたが、最近では、パソコンやスマホを長時間使用することから一般の人にも増えています。

またホルモン分泌の変化に伴い、妊婦や更年期の女性にもよく見られます。糖尿病やリウマチの患者にも多く生じています。

テニスやゴルフをする人、スーパーなどでレジの操作する人、編み物をする人など普段手をよく使う人に起こりやすい傾向があります。

仕事や日常の動作が関係しているので、慢性化することもあり、中には腱鞘炎が原因で、転職することになった人もいます。手に痛みを感じたら放置せずに、軽いうちに治すようにしましょう。

腱鞘炎の治療法

腱鞘炎の原因は手の使いすぎですから、軽症であれば一定期間手の使用を控えるようにしていれば治ることがあります。

手に違和感がある場合は、湿布やテーピングも効果が期待できます。

普段から長時間同じ作業を続けないように、ときどき休憩を挟んで手を休ませることも必要です。パソコンであれば、強くキーボードを叩かないなどの工夫をしてみてください。

そして、症状が軽いうちにケアをして、痛みを長引かせないことが大切です。

痛みが続くようなら医療機関を受診してください。症状に合わせて塗り薬を使う、炎症を抑える注射をする、リハビリを行うなどの治療があります。

それでも改善が見られない場合は手術になることもあります。

また、近年は、スポーツ医療の分野でも話題になっている再生医療で治療するという方法を検討することもできます。

まとめ

腱鞘炎は、一度発症すると治るまでに時間がかかってしまう場合がありますが、治らない疾患ではありません。悪化する前に早めに対応してください。

また、手を酷使しないように、定期的に休憩をして手を休ませるなどして予防に努めましょう。

慢性化した腱鞘炎の治療としては、薬物療法やリハビリテーション、手術、再生医療など、さまざまな方法があります。専門の医療機関で相談してくださいね。

トップ