トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 子供のアレルギーが改善できる免疫療法について解説します!

子供のアレルギーが改善できる免疫療法について解説します!


スギ花粉やダニなどによるアレルギーによって、目のかゆみや鼻づまりなど苦しい症状でつらい思いをしている子供がたくさんいます。

子供のアレルギーは早く治してあげたいですが、薬を使い続けるのには抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。

近年、子供のアレルギーを治療する方法として、免疫療法に注目が集まっています。

具体的に、どのような治療法なのか、解説します。

子供のアレルギーに効果が期待できる!?舌下免疫療法とは


子供のアレルギー症状の軽減や根治が期待できる免疫療法の1つに「舌下免疫療法」があります。

内服薬を舌下に投与し、原因物質に少しずつ慣らしていく方法です。舌下や口腔内粘膜にいる免疫細胞が働いて免疫寛容が起き、アレルギー症状が出にくくなります。

免疫寛容とは、入ってきたものを攻撃せずに、受け入れることです。スギ花粉などを特異物質と見なさないようにしていくのですね。

この舌下免疫療法は、スギ花粉症だけでなく、花粉アレルギー発症予防や喘息発症予防の効果も期待できると言われています。

舌下免疫療法は5歳から受けられる

花粉やダニアレルギー免疫療法は、5歳から受けることができます。

スギ花粉症の治療においては、スギ花粉飛散期の1月~5月に始めることができないので注意が必要です。

また、この治療はすぐに効果が表れるものではありません。効果を見るためには1~2年毎日内服を続ける必要があります。

舌下免疫療法の副作用

全身性のアレルギー反応が少なく、安全性が高い治療法と言えますが、以下のような副反応がおこることもあります。

・口の中の腫れや口内炎
・のどのかゆみ
・くしゃみや鼻水などの鼻炎症状など

皮下注射による免疫療法もある!

花粉から抽出した抗原エキスを薄めて注射する免疫療法です。

症状が出ないほどにまで薄めたものから始め、徐々にエキスを濃くしていくことによって体を慣らしていく方法です。

最初は週に1~2回の通院が必要ですが、濃いエキスが注射できるまでになると月1回程度の通院になります。こちらも効果が出ているかどうかを見るには1~2年必要です。

その他、アレルギー症状が重症な方には、「皮内免疫療法」というものがあります。スギ花粉飛散時期でも始められることや、ヒノキや猫の毛などにも加えて行うことができること、効果が早く見られるなどのメリットがあります。

免疫細胞療法によってアレルギーを予防する方法も注目されている

NK細胞免疫療法やCAT細胞免疫療法を用いた免疫細胞療法により、私たちの体に備わっている免疫システムの強化を図り、免疫力をアップすることができます。

患者さん自身の血液から採取する成分を使用するため、副作用などの危険が少なく、安全に行うことができるというメリットがあります。

この免疫細胞療法により、免疫力を高め、アレルギーの予防効果が期待できるのです。

まとめ

子供のアレルギーは、免疫療法で症状を改善する効果が期待できます。もちろん、子供のアレルギーだけでなく、大人のアレルギーに対しても効果は期待できます。

舌下免疫療法、皮下免疫療法ともにすぐに結果が得られるものではありませんし、NK細胞免疫療法やCAT細胞免疫療法を用いた免疫細胞療法は「予防」目的に行われる治療ですが、つらい症状の緩和に役立つのであれば、検討してみる価値があると言えます。

トップ