トピックスtopics

看護師は腰痛がつらい職業!?予防に努めましょう

腰痛に悩みながら仕事をしている看護師は多いのではないでしょうか。

同僚の看護師が腰痛で、つらそうにしている場面を見たことがある人もいるかもしれません。

力仕事も行う看護師は仕事中に腰を痛めることがあります。今回は看護師ができる腰痛予防について紹介します。

看護師は腰痛に悩む人が多い…原因は?


看護師にとって腰痛は職業病と言われるほど、発生率が高いです。

腰痛を引き起こす病気の中で、看護師に起こりやすいのが「急性腰痛症(ぎっくり腰)」と「椎間板ヘルニア」です。

ぎっくり腰は、無理な体勢をとったりひねったりすることで突然起こるものです。

また重い物を持ち上げるなど、腰に負荷がかかることでも起こります。

看護師は患者さんの体を支えたり、持ち上げたりすることがありますし、ベッド上の患者さんの介助で中腰になることもあります。

そのため、ぎっくり腰が起こる可能性が高まるのです。

椎間板ヘルニアは、椎間の間にある椎間板が突出することで腰痛が起こり、神経を圧迫するとしびれや感覚異常が生じ、日常生活に支障が出ることもあります。

看護師は中腰になったり、患者さんの移乗をしたりと椎間板ヘルニアのリスクとなる仕事をしていると言えます。

さらに看護師は長時間立ちっぱなしで仕事をすることもあるので、関節に負荷がかかり痛みがでる人もいます。そして、関節の痛みをかばううちに体が歪み、腰痛の原因となることもあります。

看護師ができる腰痛予防はあります!

現在腰痛もちでなくても、腰痛で悩む同僚を見て予防したいと思う人もいるでしょう。

また、腰痛の悪化を予防したいという人もいると思います。

そこで、腰痛予防としてできることを紹介していきます。

姿勢を整える

腰痛予防には姿勢を整えることが大切です。体の歪みは腰痛の原因になるので、ストレッチや腰痛体操で体の歪みを整えることをおすすめします。

猫背になりがちな人は、仕事の合間に体をそらせるようにするだけでも腰痛を予防することができます。前かがみになった体を戻すようなイメージで体を後ろにそらせてみてください。

普段から体を柔らかくするようにストレッチをするのもいいでしょう。体が硬く関節の可動域が狭いと姿勢が悪くなったり、いざという時に無理な体勢をとって、ぎっくり腰になるリスクを高めるからです。

ボディメカニクスを使って作業をする

ボディメカニクスという言葉を聞いたことのある看護師は多いのではないでしょうか。

看護師は腰痛を引き起こすリスクのある仕事をします。そのため腰痛や関節の痛みを引き起こさないように、人間の体の仕組みを理解して作業することを勧められているのです。

腰や関節を痛めないように、中腰の姿勢をとらないようにしましょう。

ベッド上の患者さんのオムツ交換や体位変換をするときにはベッドの高さを自分の腰の高さに合わせれば中腰にならずにすみます。

腰痛予防をしても腰痛がひどい看護師の治療法

予防していても腰痛になってしまう人もいます。一旦よくなっても、また痛みが出てきてしまうこともあるかもしれません。

腰痛の治療にはサポーターで腰を支えたり痛み止めで痛みをコントロールする保存療法、痛みのある部分に注射をするブロック注射、痛みの原因を取り除く手術などがあります。

また、近年は関節の治療に再生医療が用いられています。自分の細胞を関節の軟骨に注入し、傷ついた軟骨を修復させるというものです。

この再生医療も腰痛の新たな治療法として選択肢が広がることが期待されています。

まとめ

看護師にとって腰痛は職業病と言われるほど身近な問題です。看護師の仕事の中には腰痛を引き起こすリスクのあるものがあります。

腰痛を予防するには、ストレッチや腰痛体操をすることがおすすめです。

少しでも腰痛を回避できるように、予防をしっかり行ってみてくださいね。

トップ