トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 危険性のないフォトフェイシャルよりも効果の高い治療法とは

危険性のないフォトフェイシャルよりも効果の高い治療法とは

鏡を見るたびに気になるシミやしわ、赤ら顔、毛穴の開き。さまざまな肌トラブルは、本当にイヤになりますよね。

このような肌トラブルの改善に効果的と言われているのが光を使ったフォトフェイシャルです。

しかし、顔に光を当てて大丈夫なの?傷がついたりしない?赤みが残ったりしない?など、不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、フォトフェイシャルに危険性はないのかどうかについて解説します。

フォトフェイシャルに危険性はない


結論から言うと、フォトフェイシャルに危険性はありません。

その理由は、

・肌に優しい光を使用しており、肌の表面を傷つけることがない
・施術後のダウンタイムが少ない

などが挙げられ、安全性が確立された施術となっています。

また、フォトフェイシャルは、クリニックなどの医療機関でしか施術できません。

そのため、フォトウェイシャルは信頼できるクリニックで行えば、安全!危険性はない!と言えます。

フォトフェイシャルの副作用について

安全性が確立されているフォトフェイシャルですが、副作用がないわけではありません。

施術中や施術後に起こる可能性がある副作用もあります。

フォトフェイシャルの副作用とは

・照射時のゴムではじかれるような痛み
・ひりひりした痛み
・かさぶたや水ぶくれ(治るまでに5~10日程度かかる場合がある)
・施術部位の痒みや赤み
・熱傷による痂疲や水疱(治るまでに5~10日程度かかる場合がある)
・治療部位の色素沈着や色素脱失変化

これらの副作用は稀ですが、もしもの時に備えて、信頼できる医療機関を選ぶことをおすすめします。

安全性が高く副作用の少ない肌の再生医療もおすすめ

患者さん自身の細胞や血液を使用し、副作用がほとんどなく安全性が高い治療法として、肌の再生医療という治療法があります。

患者さんから採取し、培養した細胞や血小板などの成長因子をトラブル部位に注入することによって、肌の再生を促す方法で、効果の持続が長いこともメリットです。

また、フォトフェイシャルでは効果の薄い「深いしわ」や「たるみ」であっても、肌の再生医療なら高い効果が期待できます。

さらには、アンチエイジング施術を受けていることを周囲に気付かれることがないまま、自然に若返ることができるという点でも魅力がある治療法です。

まとめ

顔の施術はとにかく神経質になるものですよね。フォトフェイシャルは、レーザー治療のように肌を傷つけることもなく、副作用もごく稀に起こる程度なので、危険性のない治療法と言えます。

しかし、万が一を考えて信頼できる医療機関を探すことは必須です。

肌トラブルを解消し、若返りを目指す方法としては、より安全性の高い肌の再生医療を選択するという方法もあります。

ご自身に合った方法を検討してみてくださいね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ