トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • フォトフェイシャルで赤ら顔の悩みが解消できる!?

フォトフェイシャルで赤ら顔の悩みが解消できる!?

「赤ら顔」は、化粧では隠せなかったり、肌荒れを起こしているように見られたりすることがあるので、悩んでいたり、コンプレックスになっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、「赤ら顔」はフォトフェイシャルで改善する効果が期待できます。

今回は、フォトフェイシャル赤ら顔の改善効果が期待できる理由、赤ら顔の原因などについて解説します。

フォトフェイシャルが「赤ら顔」に効果的な理由


「赤ら顔」は、文字通り、顔が赤く見える状態なのですが、これは毛細血管が広がってしまっていることに起因します。

・もともと皮膚が薄い
・何らかの原因で炎症を起こしていた
・アレルギー反応によって荒れている

このようなことが原因で顔が赤くなりますが、全体が赤い場合や頬、鼻、Tゾーンが赤い場合などがあり、お風呂上りや寒暖差のある場所に移動したときなどに、症状が顕著になります。

また、50代くらいになると慢性的な炎症のため、毛細血管が拡張して赤ら顔になる傾向があります。

このような赤ら顔にフォトフェイシャルが効果的なのは、フォトフェイシャルは、トラブルを引き起こしているメラニンや毛細血管をターゲットにし、光を熱に変えてダメージを与え、症状を改善する働きがあるからです。

赤ら顔の場合、フォトフェイシャルで施術すると毛細血管が収縮するので、症状の改善が期待できます。

ただし、施術後すぐに赤みが改善することもあれば、数日たってから赤みが目立たなくなるなど、効果の現れ方には個人差があります。

フォトフェイシャル施術は赤ら顔だけでなく肌全体のトラブル改善効果が期待できる

赤ら顔に有効なフォトフェイシャルですが、光を顔全体に当てるので、小じわや毛穴の開き、シミやそばかすにも効果的です。

フォトフェイシャルの光は真皮にまで届き、線維芽細胞を刺激、コラーゲン産生を促進する働きもあります。

赤ら顔を改善するだけでなく、ほかの肌トラブルも改善できるのは、とても魅力的ですよね。

肌再生医療による「赤ら顔」改善も検討してみては?

フォトフェイシャルは真皮層の線維芽細胞に働きかけますが、「脂肪由来幹細胞による肌の再生医療」という方法も、赤ら顔の改善効果が期待できます。

肌の再生医療では、患者さんの脂肪細胞から幹細胞を抽出、培養して再び患者さんのお顔全体に戻すという治療法です。

この脂肪幹細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生する線維芽細胞を刺激するだけでなく再生しますし、神経や血管の再生までも行ってくれます。

ですから、「赤ら顔」の改善だけでなく、ハリ艶のある美肌を取り戻す効果が期待できます。

まとめ

毛細血管が広がって起こる赤ら顔は、フォトフェイシャルで改善する効果が期待できます。

フォトフェイシャルは顔全体に光を当てますから、赤ら顔だけでなく、シミやしわも改善できるのがうれしいところです。

また、赤ら顔の改善には、肌の再生医療という治療法も検討してみることができますよ。

ご自身に合った方法を検討してみてくださいね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ