トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • フォトフェイシャルで劣化した肌を改善!注意することはある?

フォトフェイシャルで劣化した肌を改善!注意することはある?

劣化してしまった肌をフォトフェイシャルで改善するという方法があります。

今回は、フォトフェイシャルで劣化した肌を改善したい人に向けて、施術後に注意する点や、フォトフェイシャルの副作用について解説します。

フォトフェイシャルで劣化してしまった肌を改善…施術後に注意すべき点


劣化した肌をフォトフェイシャルで改善したら、その効果を最大限に生かしたいですよね。

そこで、施術後に注意すべき点をご紹介します。

施術直後は紫外線対策をしっかりしよう

フォトフェイシャルの施術後は、化粧や入浴、スポーツなど、普段通りに行うことができます。

しかし、施術直後の肌は、紫外線の影響を受けやすくなっているので、日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線対策をしっかり行いましょう。

また、施術後約1ヶ月は、長時間にわたって強い日差しを浴びることは避けましょう。

フォトフェイシャルで劣化した肌が改善できるメカニズム

年齢を重ねるごとに、シミやそばかす、くすみ、小じわなど、さまざまな悩みが出てきますよね。これらの肌トラブルの悩みを改善し、若々しくてハリのあるキレイな肌に導くのがフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルの光は、メラニンや毛細血管に、熱となってダメージを与えることにより肌トラブルを改善します。

特筆すべきは、フォトフェイシャルの光は「肌トラブルの原因となるもののみに反応」するということ。つまり、素肌を傷つけることがありません。

また、真皮の線維芽細胞を刺激するため、コラーゲンの生成を促進し、ハリのある肌を保つことができます。

しかし、施術後は肌がとても敏感になっていますから、いつも以上に紫外線などの刺激から肌を守るようにしてくださいね。

フォトフェイシャルで肌がさらに劣化する危険がある?副作用について

フォトフェイシャルは、「肌の表面を傷つけずに肌トラブルを改善する」、「ダウンタイムが少ない」など、安全性が確立された施術方法です。

しかし、

・出力を上げ過ぎた
・照射設定を誤った

など、間違った施術をしてしまった場合、かさぶたや水ぶくれ、赤み、色素沈着などのトラブルが起こる危険があります。

そうなると、フォトフェイシャルを受けたことで、さらに肌が劣化してしまうことに…。

そうならないようにするためにも、信頼できる医療機関を選ぶようにしましょう。

劣化した肌を改善するにはフォトフェイシャルよりも副作用の少ない肌の再生医療を検討してみては?

安全性が確立されているフォトフェイシャルですが、さらに安全性の高いアンチエイジング法として注目を集めているのが「肌の再生医療」です。

肌の再生医療には、血液を使用した「PRP再生医療」、「線維芽細胞」、「脂肪由来幹細胞」などによる治療法があります。これらはすべて患者さんご自身の血液や細胞を使用するため、拒絶反応などの副作用がありません。

また、フォトフェイシャルは「濃いシミ」や「深いしわ」などの深刻な症状への効果は薄いですが、肌再生医療であれば、改善効果が期待できます。

再生医療に関する記事はこちら

まとめ

劣化した肌を改善できるフォトフェイシャルは、施術後、普段通りの生活ができますし、比較的安全性も高いといわれています。

しかし、フォトフェイシャル直後の紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

また、肌トラブルが深刻になってしまった場合は、最近注目を集めている肌の再生医療を検討することもできます。

自分に合った方法で、若返りを目指してくださいね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ