トピックスtopics

フォトフェイシャルをやめると元よりひどくなる?

しみやそばかすに効果的と言われているフォトフェイシャルは、レーザー治療とは違い、一度に気になる部分を治療できるという点で人気の高い治療法です。

しかし、フォトフェイシャルの効果を最大限に得るためには、複数回の治療が必要です。

もし、フォトフェイシャルの治療をやめてしまったらどうなるのでしょうか。

今回は、フォトフェイシャルをやめると肌の状態はどうなるのか…ということについて解説します。

フォトフェイシャルをやめると…再びしみやそばかすが出てくるって本当!?


フォトフェイシャルは光を利用した治療法で、肌へのダメージが少ないのが一番のメリットです。

また、

・レーザー治療と比べると痛みが少ない
・ポイント治療ではなく、肌全体を美しくできる
・しみ、そばかす、赤ら顔、毛穴の開きなど、一度に治療できる
・ダウンタイムが短く、施術後すぐに化粧ができる
・肌を傷つけない

というメリットもあります。

しかし、1回の施術では大きな改善は期待できないため、約1カ月おきに5回以上の施術を受けることが推奨されています。

では、フォトフェイシャルをやめるとどうなるのか…。

フォトフェイシャルは、すでに出てきてしまったシミなどのトラブルに対して有効ですので、やめてしまっても、一度消えたしみやそばかすが元に戻ってしまうことはありません。

しかし、人の肌は年齢を重ねるごとに真皮層で作られるコラーゲンなどが減ってしまい、美肌を保つことができなくなります。

したがって、フォトフェイシャルをやめると、しみなどのトラブルが再び発生します。

フォトフェイシャルを継続する必要がある理由

フォトフェイシャルの光は、真皮コラーゲン層を刺激し、コラーゲン線維など美肌成分を作り出す線維芽細胞を刺激することができます。これにより、肌が持つ力でハリや小じわ、毛穴の開きが改善します。

しかし、自分の力で美肌を取り戻すという肌改善法には時間がかかりますので、フォトフェイシャル施術を継続して受ける必要があるのです。

1回の施術で効果が長続きする肌の再生医療が良い!?

フォトフェイシャルで美肌を保つには、継続が必要です。

しかし、1回の施術で効果が持続する画期的な治療法があります。それは「脂肪由来幹細胞」による肌の再生医療です。

肌の再生医療は、ご本人の脂肪から幹細胞を取り出し培養、そして、一回の施術でお顔全体に注入するという方法です。

一度注入された脂肪由来幹細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを産生し続けるため、肌そのものが美しくなる効果が期待できるのです。

まとめ

フォトフェイシャルは、しみやそばかす、毛穴の開きなどにとても有効な施術法です。

しかし、フォトフェイシャルをやめると、肌の再生機能が元の状態に戻ってしまい、いずれ施術以前のトラブル肌に戻ってしまいます。

フォトフェイシャルで美肌を保つためには、継続することが大切です。

もし、継続が大変…と思うのであれば、近年注目を集めている肌の再生医療という方法も選択肢の1つとしてみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ