トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • つむじハゲは悪い生活習慣が引き起こす!生活習慣を改めよう

つむじハゲは悪い生活習慣が引き起こす!生活習慣を改めよう

男性型脱毛症のAGAは、男性ホルモンが影響しています。そして、薄毛の症状が自然に治ることはなく、放っておくとつむじハゲの状態になります。

また、男性ホルモン以外にも悪い生活習慣などが薄毛の原因になることがあります。

悪い生活習慣を改善することで、抜け毛の進行を抑えることが可能なので、つむじハゲを予防するための方法についてご紹介します。

つむじハゲを予防・対策するために改善すべき生活習慣


つむじハゲは初期の段階で対策をとれば、それだけ改善する確率が高くなります。薄毛が気になる方は、まずは、以下の3つの生活習慣を見直しましょう。

・食生活
・睡眠
・運動

つむじハゲ対策に効果的な食生活

栄養が不足すると丈夫な髪が育ちません。例えば、ダイエットや好き嫌い、油分・塩分の取りすぎが原因で、血行が悪くなることがあります。

ラーメン、揚げ物、スナック菓子はほどほどにして、1日3回のバランスのとれた食事を心がけると良いでしょう。

ビタミン・ミネラル・タンパク質が髪の健康には必要です。

脱毛ホルモンを抑える成分として、亜鉛とイソフラボンがあります。亜鉛はレバー、チーズ、牡蠣などに含まれていますし、イソフラボンは豆腐や納豆などの大豆製品から摂取できます。

水分もこまめに取り、飲酒や喫煙は控えてくださいね。

つむじハゲ対策に効果的な睡眠のとり方

発毛に関わる成長ホルモンは、夜間に分泌されますから、睡眠は量と質が肝心です。

1日6時間は睡眠を取りましょう。

夕飯は寝る3時間前までには済ませ、寝る直前までパソコン、スマートフォン、テレビを見るのは避けてください。

お風呂はぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。ベッドに入る1時間前は、静かな音楽を聴きながら読書をするのが理想的です。

つむじハゲ対策に効果的な運動

1日中デスクワークをされている場合などは、夕方には首・肩・頭がガチガチに凝っていませんか?また、知らない間にストレスも蓄積していることでしょう。

運動不足とストレスは血行不良を招き、血行が悪いと頭皮に必要な栄養が届きません。つまり、運動不足もつむじハゲの原因になるのです。

日常的に体を動かす習慣を身につけましょう。1日30分程度のウォーキングと軽いストレッチで十分です。

通勤時やお昼休みにちょっとした散歩をプラスするだけで運動不足は解消できますよ。

まとめ

髪も体の一部です。健康診断の結果が思わしくない方は、頭髪の状態も思わしくない場合があります。

不健康な状態で育毛剤を使うよりも、万全の健康状態で使う方がより大きな効果が期待できますから、つむじハゲ対策の第一歩として、生活習慣を整えましょう。

そして、良い習慣を継続することが大切です。必要であれば、専門クリニックに相談するのもいいと思います。最近注目を集めているPRP毛髪再生医療は、安全性の高い治療法で、育毛にも高い効果が期待できますよ。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ