トピックスtopics

ゴルゴラインは生まれつきできやすい人がいる?

美容、アンチエイジングの大敵である「ゴルゴライン」。実は生まれつきできやすい人がいるってご存知でしたか?

今ははっきりゴルゴラインができていなくても、「何だかうっすらとあるような……?」と気になっている方もいると思います。

今回は、どんな人にゴルゴラインが出やすいのかをご紹介します。

ゴルゴラインは何故できるの?


まず、ゴルゴラインは何故できてしまうのかについて紹介します。

実はゴルゴラインはシワではありません。顔にある筋肉と筋肉の間に隙間ができ、溝が表面に出てきてしまうことが原因です。

主な原因は加齢ですが、他にもパソコンやスマホの使い過ぎや血流の悪さなども、原因として挙げられます。

生まれつきゴルゴラインができやすい人はどんな人?

ゴルゴラインは加齢などで誰でも起こりうるものですが、残念ながら、生まれつきできやすい人がいます。

遺伝や骨格なども関係しており個人差はありますが、生まれつきゴルゴラインができやすい傾向のある人についてご紹介しますね。

目元の脂肪が少ない人

生まれつき、もともと顔の脂肪が薄い人は、筋肉の間の溝を脂肪でカバーすることができず、ゴルゴラインができやすくなります。

クマができやすい人

クマができやすい=目元の血流が悪い人が多いです。血流が悪いと肌に栄養がいきわたらず、肌のハリが失われてゴルゴラインが深くなってしまいます。

目が大きい人

生まれつき目が大きい人は瞼を動かす筋肉が発達しています。そのため、他の顔の筋肉とボリュームの差が生まれ、溝ができやすくなります。

ゴルゴラインを解消するには?

生まれつきできやすい顔立ちであっても、ゴルゴラインは何とか解消したいですよね。どのようなケアが効果的なのでしょうか?

まずは表情筋を鍛えることが重要です。表情筋のエクササイズを行ったり、マッサージをして血流をよくしたりしましょう。日常でも表情豊かでいるよう心掛けるのもいいですね。

それから肌のハリを失わないように、しっかりと保湿することも大切ですし、パソコンやスマホ、テレビの画面を長時間見るのもやめましょう。

深く刻まれたゴルゴラインの解消をするには?

深く顔に刻まれたゴルゴラインは解消するのが難しいので、可能であれば専門のクリニックで相談することをおすすめします。

リフトアップ法などメスを入れる治療もありますが、それ以外の選択肢も今は増えています。

例えば再生医療などは、自分の細胞を採取し組織を修復して自分に戻すので、アレルギー反応も起こらす安全にゴルゴラインの治療ができます。検討してみる価値のある治療法と言えるでしょう。

まとめ

ゴルゴラインが生まれつきできやすい顔立ちの人もいますが、きちんとケアして対策を怠らないようにすれば、深く刻まれてしまうのを予防することができます。

もし、ゴルゴラインが深く刻まれてしまっている場合は、再生医療など効果的な肌治療を検討することもできますから、決してあきらめず、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ