トピックスtopics

つむじハゲは20代でも起こり得る?原因と改善策は?

最近抜け毛の量が増えたような気がするけれど、まだ20代だし、自分にかぎってつむじハゲなんてことはないはず…。

などと思う人もいるかもしれません。

しかし、脱毛症は中年期以降の男性だけの問題ではありません。20代でも女性でも男性でも、誰にでも起こり得るものです。自然に治ることは期待できませんが、20代のつむじハゲなら早めに対策することで改善が可能です。

20代でつむじハゲになる原因


男性型の薄毛のことをAGA(男性型脱毛症)と言います。

AGAは悪玉男性ホルモンの影響で脱毛が起こり、放置するとだんだんと薄毛が進行していきます。

過剰なストレスや食生活の乱れが毛髪に影響を与える場合があります。ダイエットのせいで栄養不足になっているのかもしれません。パーマやカラーのやり過ぎは頭皮を傷めます。

また、シャンプーなどのヘアケア製品が自分に合っていないこともあります。

20代のつむじハゲの対策

20代でつむじハゲになってしまったら、まずは生活習慣を見直しましょう。食事や睡眠は大切です。体の健康が髪の健康につながりますから油っこいものや塩辛いものは控えめにして、野菜もきちんと食べましょう。足りない栄養はサプリでも補えます。

シャンプーの仕方も見直してみましょう。正しいやり方でシャンプーをすることで、頭皮が健康になります。頭皮が健康になれば、AGAに対応した育毛剤も効果が期待できるようになります。

20代でつむじハゲにならないようにするには?

まだつむじハゲにはなっていないけれど、将来の薄毛が心配な方は20代の今から予防しましょう。健康状態が髪に影響を与えますから、タンパク質・ビタミン・ミネラルのバランスのとれた食事を心がけましょう。

また、飲酒や喫煙は控えましょう。ストレスの発散と、十分な睡眠が大切です。

頭皮を清潔に保つことも必要なので、髪にやさしいシャンプーを選び、優しく洗ってくださいね。洗いすぎにも注意が必要です。

頭皮の血行促進のため、頭皮マッサージも効果的です。

つむじハゲ対策をしてみたけれど改善が見られないときは?

いろいろやってみたけれど効果が見られない時は、専門家に助けてもらいましょう。

正しいシャンプーの仕方は理容室や美容室で教えてもらえます。頭皮の状態にあったシャンプーを選んでもらいましょう。

AGAは専門のクリニックで治療ができます。内服治療や頭皮への薬剤治療など、いろいろな治療方法があります。中でもPRP毛髪再生医療は、副作用の心配がない最新の治療法です。

まとめ

抜け毛が増えて、髪が細く弱くなってきたらAGAかもしれません。そのまま放置すると薄毛は広がって、やがてつむじハゲになる場合もあります。

20代では食生活やストレスが髪の健康に影響していることも多いので、その点を改善すれば薄毛の進行を抑えることも可能です。

薄毛の状態が軽いうちに、早めの対策をして予防しましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ