トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 老け顔に見える「ゴルゴライン」。その原因と対策は?

老け顔に見える「ゴルゴライン」。その原因と対策は?

ふと鏡に映った自分の顔が、思ったより疲れて老けて見える…なんていう経験はありませんか?

老け顔に見える原因のひとつに、ゴルゴラインがあります。

ゴルゴラインがあるだけで、一気に暗くて偏屈な印象に変わってしまうのってショックですよね。

そこで今回は、老け顔に見えるゴルゴラインの原因と解消方法についてご紹介します。

老け顔に見えるゴルゴラインはシワではない!


アンチエイジングの大敵であるゴルゴライン。

このラインがあるのとないのとでは、顔の印象は大きく変わりますよね。ゴルゴラインは顔の中央部分にあるため目立ちやすく、大きく顔の印象を変えてしまいます。

そんなゴルゴラインですが、実はシワではないってご存知でしたか?

ゴルゴラインは、いわば筋肉の溝のようなもの。そのため、とても深く、存在感のあるラインになりがちなのです。溝が深いためメイクで消すことも難しく、一気に老けた印象になってしまいます。

老け顔に見えるゴルゴラインの原因は?

なぜ、ゴルゴラインはできてしまうのでしょうか?その原因についてまとめました。

加齢によるたるみ

顔の筋肉は加齢とともに衰えてきます。すると、顔の皮膚や脂肪を支えきれなくなり、筋肉と筋肉の間の溝が表に出てきてしまいます。

眼精疲労

スマホやパソコンなどを長時間見ていると、目が疲れるため表情がなくなりがちに。すると表情筋が衰えてしまい、たるみが出やすくなってしまいます。

また、眼精疲労で目元の血流が悪くなることも、ゴルゴラインのできる要因の1つです。

できやすい顔立ち

残念ながら、もともとゴルゴラインができやすい顔立ちというのがあります。顔の脂肪が薄い人、肌の弾力があまりない人は、筋肉の間の溝が目立ちやすいです。

また、目の大きな人もラインができやすい傾向があります。これは瞼の筋肉が発達することにより、他の筋肉との溝が大きくなってしまうのです。

ゴルゴラインの予防とケアはできる?

ゴルゴラインを予防することはできるのでしょうか?また、できてしまったゴルゴラインのケアはどうすればよいのでしょうか?

ゴルゴラインを予防するには?

ゴルゴラインの予防には、眼精疲労の解消が有効です。目が疲れないように適度に休憩を入れる、蒸しタオルなどで目元をあたためる、軽く目をマッサージするなど、血流をよくしてあげましょう。

また、筋肉が衰えないように表情筋のトレーニングも有効です。

ゴルゴラインをケアする

予防と同じく、マッサージや表情筋のトレーニングが効果的です。しかし、深いゴルゴラインはこれだけではなかなか消えません。

その場合は、専門のクリニックで診てもらうことをオススメします。ヒアルロン注射、リフトアップ、再生医療など、治療法は色々あります。まずは専門医に相談してはいかがでしょうか。

まとめ

一旦できてしまったゴルゴラインは、なかなか一朝一夕で改善とはいきません。

しかし、日々のケアや治療でゴルゴラインは改善しますよ。

老け顔に見られてしまうゴルゴラインを対策し、若々しく、明るい毎日を手に入れてくださいね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ