トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • まさか20代から!?若くてもゴルゴラインができてしまう原因とは

まさか20代から!?若くてもゴルゴラインができてしまう原因とは

老け顔に見えてしまう原因のひとつ、ゴルゴライン。加齢でできてしまうのは仕方がないですが、20代など、まだ若いのにゴルゴラインができてしまったら本当にショックですよね。

なぜ、まだ若い20代でもゴルゴラインができてしまうのでしょうか?

今回は、若くてもゴルゴラインができてしまう原因や対処法についてご紹介します。

20代でもゴルゴラインができる!その原因は?


ゴルゴラインは、実はシワではありません。

顔の筋肉が衰える、顔の脂肪が減少する、肌の弾力が低下する…など、年齢を重ねるとともに、顔にはたるみが起こります。すると、顔にある皮膚や脂肪を支えきれなくなり、目頭から頬にむけてくぼみができてしまうのです。

これがゴルゴラインです。

20代でもゴルゴラインができる原因とは?

ゴルゴラインの主な原因は加齢ですが、20代でもゴルゴラインに悩んでいる方がいます。

若くしてゴルゴラインができてしまう主な原因は、眼精疲労にあります。

最近はパソコンやスマホが普及しており、仕事でもプライベートでも画面を見ている時間が長いですよね。すると、目が疲れてしまい、無意識のうちに顔の表情が乏しくなります。

これは、実はゴルゴラインの原因になる危ない状態です。

顔の表情がないと、顔の筋肉が使われなくなります。血行が悪くなり、顔の筋肉が衰え、皮膚や脂肪が支えきれなくなります。そうして段々とゴルゴラインができ上がってしまうのです。

このように、若い20代でもゴルゴラインの危険性はあるのですね。

20代でゴルゴラインを作らないための予防・改善方法は?

20代など、若くしてゴルゴラインができないように予防する、あるいは、まだ年齢は若いのにできてしまったゴルゴラインは少しでも改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

目を休ませる

若くしてゴルゴラインができる原因は主に眼精疲労なので、目が疲れないように心がけましょう。長時間パソコンやスマホの画面を見ない、見る場合は休憩を入れて目を休ませる、温めたおしぼりを目に乗せてあげるのも血流が良くなるのでお勧めです。

表情筋のストレッチやマッサージを行う

衰えてしまった表情筋を鍛えるため、ストレッチを行いましょう。しっかりと顔を動かし、筋肉のたるみをなくします。マッサージをしてあげるのも効果的です。

専門医に相談する【再生医療が効果的】

深いゴルゴラインは、残念ながらストレッチやマッサージでは完全に解消するのは難しいです。それでも解消したい場合は、専門医に相談すると良いでしょう。

美容医療では、注射1本で済む治療法からメスを入れるものまで、解消法としてはいろいろあります。最近は、再生医療の技術も注目されています。

お悩みの方は、一度クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

20代で肌がきれいでも、ゴルゴラインができてしまうと一気に老けた印象になってしまいます。そうなると、とてもショックですが、しかし、予防法・対処法はちゃんとあります。

最近は、肌の再生医療による治療に注目が集まっていますよ。

専門のクリニックで相談し、ゴルゴラインを解消して、気持ちも明るく毎日を過ごせると良いですね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ