トピックスtopics

PRPは頭髪の再生にも活用されているって本当?

最近、スポーツ医療の分野でPRPが取り入れられるようになってきています。

日本人の有名スポーツ選手なども選択するケースが増えているためPRPという言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

PRPは自分の血液から採取した血小板を患部注入して損傷した部分の組織を修復し、自己治癒力を高めるという治療ですが、頭髪の再生にも活用されているのです。

今回は、PRPによる頭髪の治療「AGA治療」について紹介します。

PRPは頭髪にも活用されている


PRPとは、高い修復機能がある成長因子を持っている血小板をたくさん集めたものです。

そして、損傷した部分にPRPを注入することで壊れた組織の修復機能を高めながら自然治癒を目指していくのがPRP療法です。

PRP療法はケガの治療の他にも、皮膚を再生させて若返らせるというような美容療法にも応用されていますし、近年では頭髪が薄くなってしまった人への治療としても活用されるようになっています。

HARG療法とPRP療法の違い

頭髪の悩みを抱えていて、悩みを解消する方法を探している人であればPRP治療と似たような治療法にHARG療法というものがあることを知っている人もいるでしょう。

成長因子を頭皮に注入するという点ではどちらも同じですが、PRP療法が自分の血液の血小板を注入するのに対し、HARG療法は、他の人の脂肪細胞から抽出したものを使用しているという大きな違いがあります。

どちらも高い効果が期待できますが、副作用などの安全面からすると、他人の脂肪よりも自分の血液を使用しているPRP療法の方が安全性は高いと言えます。

PRPはAGA治療薬との併用も可能です

頭髪の悩みを抱えている人のなかには、AGA治療薬を服用するのを検討している人もいると思いますし、すでに服用している人もいるでしょう。

現在、AGA治療薬を服用している人で、PRPに関心がある人のなかには、PRP治療を受けることになったら治療薬は飲めなくなるのではないかと心配する人もいるかもしれません。

しかし、PRPは、AGA治療薬と併用することができますし、併用することでより高い効果が期待できるケースもあります。

まとめ

PRPが頭髪の再生にも活用されているということについて紹介しました。

PRPは、AGA治療の新しい方法という位置づけであり、全ての医療機関で治療が受けられるわけではありません。

しかし、将来的にはPRPがAGA治療の代表的な治療方法となって、多くの医療機関で治療が受けられるようになるでしょう。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ