トピックスtopics

PRP毛髪再生医療でAGA(男性型脱毛症)が治る!?


AGAで悩んでいていろいろな情報を集めているという人になかには、PRP毛髪再生医療という言葉を目にしたことがある人もたくさんいると思います。

しかし、「具体的にどのような治療が行われるの?」、「そもそもPRPが何なのかわからない」など、疑問をお持ちの方、もっと詳しく知りたい方も多いと思うので、今回はPRPによる毛髪再生医療について詳しく解説します。

そもそもPRPとはどういったものなの?


PRPによる毛髪再生医療がAGAに効果的と言われていますが、そもそもPRPとはどのようなものなのでしょうか。

PRPとは多血小板血漿のことで、もっとわかりやすく言えば血小板がたくさん集まっている液体のことです。

人の血液の中には血小板というものが含まれていることは知っている人も多いと思いますが、血液を遠心分離すると、赤血球、血小板の多い血漿、血小板の少ない血漿という3つの層に分かれます。

そのなかの血小板の多い血漿がPRP(Platelet Rich Plasma)で、このPRPが「再生」に効果を発揮するのです。

PRPの働きについて

血小板のはたらきというと止血作用を思い浮べる人が多いと思います。

実際、血小板には止血作用がありますが、その他にも成長因子を放出して細胞を増やすことで修復機能を高めるはたらきも持っています。

こうした修復機能を利用した治癒をPRP療法といい、海外ではスポーツアスリートの治療などにもすでに導入されています。

そして、現在ではこうした治療方法が一般にも広まってきました。例えば、半月板損傷や腱鞘炎、肩腱板損傷や五十肩などにも有効な治療方法として注目を集めていますし、肌を再生し若返らせる美容の分野でもPRPが活用されています。

PRPによる毛髪再生医療とは?

PRPによる毛髪再生医療の治療方法はとてもシンプルで、腕から採血をして、遠心分離によってPRPを抽出し、注射で頭皮へ注入するというものです。

AGAで悩んでいる人の場合、頭皮環境が悪化しているケースがほとんどですが、PRPの成長因子によって、頭皮を健康な状態へ再生させることができるので、発毛や育毛が促進され、AGAの症状が自然に改善されていく効果が期待できます。

そして、PRPによる毛髪再生医療は自分の血液を使用するため副作用がなく、厚生労働省の認可も得て行われているので非常に安全性が高い治療方法になります。

まとめ

PRPの毛髪再生医療について紹介しました。

AGAで悩んでいで今までいろいろな対処法を試したけど思うような効果を得ることができず、諦めかけている方もいると思います。

そういった方々にも、PRPの毛髪再生医療というものがあることを知ってもらい、治療を受けることを検討していただきたいです。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ