トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 50代の肌の悩みを解決!?肌細胞を活性化する肌の再生医療とは?

50代の肌の悩みを解決!?肌細胞を活性化する肌の再生医療とは?


50代の肌は、シワやたるみなど加齢による悩みが出てきてしまいます。そのため、いろいろな化粧品を検討し、高級な美容液を使っているという方も多いかもしれません。

また、食生活を見直す、生活習慣を見直すなど、体の内側から働きかける美容ケアを心がけているという方もいらっしゃると思います。

しかし、なかなか若々しい肌を取り戻すのは難しいというのが現状ではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが、肌細胞を活性化することで50代の肌を若返らせることができる肌の再生医療という方法です。

50代の肌が若返る!?肌細胞を活性化する肌の再生医療とは?


国内で行われている肌の再生医療には、「線維芽細胞」や「血液」、「脂肪由来幹細胞」を使用したものがあります。ここでは、血液を用いたPRP法と脂肪由来幹細胞を用いた方法による再生医療について詳しくご紹介します。

血液を用いたPRP皮膚再生医療とは?

PRP皮膚再生医療は、自分の血液から多血小板血漿(PRP)を採取し、たるみやシワなどが気になる部位に注入することで、自己治癒力によって皮膚を再生するものです。

血小板には、出血を止める作用だけでなく、皮膚の組織などを再生する働きがあることが分かっています。

また、自分の細胞を使った医療ですから、安心して受けられるというメリットもありますし、肌の内側から自然にたるみやシワなどを改善していくので、1~2年以上と長い持続効果も期待できます。

脂肪由来幹細胞を用いた肌の再生医療とは?

幹細胞とは、さまざまな組織に変化する細胞です。自分自身の幹細胞を取り出して培養し、たるみやシワなど50代の年齢肌が気になる部位に投与することで、肌細胞が増殖、結果、肌が再生するというのが脂肪由来幹細胞による肌の再生医療です。

脂肪由来幹細胞による肌の再生医療では、
肌のバリア機能が高まる
線維芽細胞が再生され、コラーゲンが生成できるようになる
皮膚の神経や血管が再生しハリのある肌になる
など、50代など年齢肌の悩みが多い方にとって、とても嬉しい効果が期待できます。

まとめ

50代の肌細胞を活性化するのに高い効果が期待できる肌の再生医療についてご紹介しました。

特に脂肪由来幹細胞を用いた再生医療は、画期的な美容医療として近年とても大きな注目を集めています。スキンケアや生活習慣、食生活の見直しなどでは追いつかない50代の肌悩みの解消に、肌細胞を活性化することで若々しい肌を取り戻す再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ